過去作とまったく一緒です!
※本書は、
『アドラー心理学 シンプルな幸福論』(2010年刊)を改題し、

加筆修正のうえ、
文庫化したものです。


この表示が小さすぎます。


そもそも、
2010年の書籍を、
どうして4年しかたってないのに、
もう一度出す必要があるんでしょうか。

同じ内容のものを、
知らずに二冊買ってしまいました。


その上、
ややこしくタイトルまで変えて…。


嫌われる勇気がヒットしたからといって、
いかにも新作のようなフリをして売りつける…。
ムカつきます。


アドラー心理学そのものは素晴らしいと思います。

でもこの本はヒドい。
出版社ベストセラーズと作者さんを嫌います。


私に嫌われましたが、
嫌われる勇気でOKなんでしょうね。


これが先生の「自由」で「勇気」でしょうか。

しかしこの本を出すことが社会貢献には少なくともなってないと思います。


そのっまんまな書籍を出すのではなく、
ここは一発、
先生が描き下ろしをしてほしかった。

それを読者は期待してると思いますが…。

「今ここ」で、
そのパワーを出す気力はなかったのでしょうか。

なぜ安易な「焼き直し」に走ったのでしょうか。


アドラー心理学について語られてはいますが、
実践というのはなかなか難しいものだな、
と思いました。


ちなみに-「生」「老」「病」「死」の話ですが…。

正直、
アドラーの話というより、
岸見先生ご自身の体験談がダラダラ続いております。

心筋梗塞と、
お父様の介護のお話を何回読まされたか分かりません。


先生ご自身の語りになると、
突然に内容が薄くなりますので、
アドラー先生の話に忠実な内容のみお願いできれば幸いです。


【追記】
ちなみに、
「嫌われる勇気」から入って、
もっとアドラーについて知りたい方へ。


アドラー関連の書籍はほぼすべて読みましたが、


「嫌われる勇気」と「100の言葉」だけ読んでおけばもう十分です。
9割以上の内容はここに含まれています。
アドラー心理学 実践入門---「生」「老」「病」「死」との向き合い方 (ワニ文庫)

その他の感想

自分を輝かせる老い方
顔に張り付くのが嫌ですね、、
本家サイトよりリーズナブル
この路線を貫いて欲しい
機能性が十分に配慮された設計、使ってみるとやめられない
宅録にはLINE6よりこれだと思う
とても心温まるファンタジー
不親切だが楽しかった
構造に難あり
余りに気に入ったので2台目を買いました!
これが最後のRPGになってもいい
自分で判断できる知識を増やすための役立つ本
反射防止となっているが高光沢
まずはお試しで
解説書の解説が必要
このぐらいの枚数が適量
初めてちゃんと観た韓流ドラマ
薄い細い
小3の息子用に・・・
信頼できる、製造もとでした
驚くほど欠点を改善してきたシリーズ第二弾
女性ならではの鋭い視点で描かれた短編集
理想の形状かも
ウォーキングやジョグには最適な商品です。!
レーダー探知機でありながら、他にも色々楽しめます。
やはりストーリーで魅せる
無難なKindleカバーです。
洗い心地が抜群
素晴らしい品物です。
詰め込みすぎたのかな・・・
戻る