王と麒麟
この作品大好きですv
六太は少々強がってるように見えますが、
麒麟の中で一番繊細でナイーヴな心の持ち主だと思います。
敬語を使わないのとか返事が「はい」じゃなくて「うん」なのも彼の柔らかい性格から来てると思います。

尚隆は本当にカッコイイですね。
たぶん十二国記で一番王にふさわしい方だと思います。
(珠晶もすてがたいが・・・)
そんな二人がつくる雁国の話はとっても奥が深いです。

延麒六太が更夜という子と出会ったコトからすべて始まるのですが、

ちょくちょく逢来での六太と尚隆の話もでます。

そんな中で二人の契約シーンが印象的ですw
是非読んでみてくださいv
東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)

その他の感想

ホラーサンタさんだ!!!
絵を鑑賞するとはこう言うことか!
ヨーロッパでの再生可能エネルギーの概要
アクラの筒です
不良品をつかまされた
成長を感じる一枚
造形は良いがサイズは小さい
省エネギガビットハブ
安いので着心地は良くありません。
読み易いハンドブックだが
夫婦で普段使いにしています
キッチンの壁掛けに使ってます
高校生に読んでほしい世界宗教の入門書
★すごく★
安かろう悪かろう…ではなかったよ
既に同じ商品を購入しておりました。
どうしてもミキサーでスープが作りたい人向け
到着時に検品しましょう!
堂本剛君の新刊本には、スターではない、青年、としての「彼」を強く感じました、共感出来る人ですね、彼は。
自分は正義の味方「悪党退治」を気取る小池都知事の「偽り」!
操作性が向上します
冬場のテニスには最適!
未放送シーンを追加したディレクターズカットが見応えあり!
もうお腹いっぱい
安く見えない
創価の歴史を語るには必要不可欠!
詳細かつ包括的
いろいろな要素を無理に小澤征爾と結び付けようとしてスッキリしない読後感です。
シネマティックアドベンチャーとかのほうが売り込み文句あってそうな気がするのは気のせい??
こぐまの気持ちにほのぼのします。
戻る