古代ローマのハウツー本は楽しい
原著"Ars Amatoria"は、
"The Art of Love"、
すなわち『愛の技法』という意味。
どうやって女の子を口説くか、
口説かれた女はどう対応すべきか、
男の品定め、
女の品定め、
上手な浮気の仕方など、
テクニックを伝授するハウツー本。
古代・中世のヨーロッパ人たちは、
こっそり回し読みして楽しんだのだろう。
アベラールとの悲恋で知られる才媛エロイーズも本書を引用・紹介しているから(「第六書簡」)、
中世の修道女たちも読んでいたわけだ。
古今東西、
"実用書"には必ず需要があるが、
今回ついに岩波文庫に新訳が登場。
本書はさすが"官能詩人"の書だけあって、
記述もストレートだ。
旧訳(樋口勝彦訳、
平凡社ライブラリー)と比べてみよう。
「私は[女が]自分の喜悦をついもらす声を聞くと嬉しくなる。
私に待ってくれとか、
こらえてくれとか、
いってくれるのは嬉しい。
女の愛の狂的な、
もう参ったという目つきを見たいものだ。
彼女をぐったりさせたい。
もうさわってくれるなと拒ましめたい」(旧訳p95)。
「女が自分が味わっている喜びの声を洩らし、
私にちょっと待ってとか、
もうちょっと我慢して、
などという声を聞くのが、
私にはうれしいのである。
愛する女が狂態をさらして、
もう駄目というような眼をしているのが見たいものだ。
ぐったりとさせて、
当分のあいだもうさわらないで、
などと言わせてみたいものだ」(新訳p92)。
どうです、
おおらかな古典を新訳で読むのもいいものでしょう。
恋愛指南―アルス・アマトリア (岩波文庫)

その他の感想

ホールド性よし
お散歩時の必需品
自然な履き心地
G-XTH新装版
原曲に忠実ではないことを考慮の上・・・
もっと大きく
価格からは充分以上の性能です。
中飛車党は必読の一冊です。
シリーズ初体験ですが、すごくいいです。
かわいくて温かいですが…
使い慣れると非常に良いです
金属製でしっかりしており、marumiのDHGスーパープロテクトに着用しても、しっかりしていました。
お試しうどん粉
惜しい。。(-_-;)
Nゲージ
本当に素敵で可愛いのですが
残念!!
手頃なお値段で気に入りました
生きてるときと、亡くなってからと、二度、霊言をした人。
人間の騙されやすさ、危うさ
とても良く纏まっています
丁重に説明している部分もあるが・・・。
付録が可愛い!!
バッグチャーム キーハート レッドカラー キーリング付
今のところ問題はない
Unix入門書
結果的に経済的
インパクトレンチのビットアダプター
高価だけれど活かして使えば自分を成長させてくれる
子供心にも、とにかく綺麗な女性でした!
戻る