自分自身に許可を与えていますか?
著者ティナ・シーリグ女史の授業は、
5月からのNHK白熱教室で放映されています。

第1〜3回目を見ました。
まさに、
学生に考えさせる体験型の授業です。

本書を読んで、
感じ取れるままですね。


NHKの白熱教室でも、
基本的な授業スタイルにおいて日本とアメリカの違いを感じます。

特に、
女史の授業における学生とのやり取りで印象的だったのは『決して否定しない』
『どのようなアイデアでも、
良いところを見つけて褒める』というところでした。


第1章の『スタンフォードの学生売ります』に紹介されていた「2時間で、
元での5ドル
を出来るだけ増やす」課題にありましたが、
一般的な日本では、
与えられた条件の中で
最適解を求めようとするのに対し、
スタンフォードの授業では前提を疑う、
目的に
フォーカスし課題の設定までも変えてしまう、
という、
柔軟さ(発想、
態度)を発揮し
ています。

日本で起業がなかなか上手くいかないのは、
この柔軟さの欠如のためだと言われてい
ますが、
まさにアメリカの強みを見せつけられた気がしました。


一般的に、
アメリカ人はポジティブであると言われています。

それはその通りですが、
本書の内容や白熱教室で放映されている授業の様子を見てい
ると、
彼らのポジティブさは必ずしも先天的なものではなく、
そうなるべく教育されて
獲得された資質であることが分かります。


一方で、
日本人の傾向はどちらかと言うとニュートラルよりも若干悲観的であると聞い
たことが有ります。
でも、
本書にあるような授業を受けていれば、
今よりもっと楽観的
になれるのではないでしょうか?。


20歳くらいでこのような授業を受けられることがとても羨ましく感じます。


多くのレビューで、
この本の中で気づきを得られた文章を紹介されています。

自分がそうだ!っと思った文章は「あなた自身に許可を与える」です。


私が伝えたかったのは、
常識を疑う許可、
世の中を新鮮な目で見る許可、
実験する許可、
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

その他の感想

発送迅速!つやつや☆おいしい!
細かいとこを気にしなければ問題ない
シドニー・シェルダンの最後の贈り物
基礎からしっかり!
サイズが合わなかった
ビジネスシューズには不適当
地味な工夫が
良い!LBのhibikiが関わっているのもポイント高い
滑りやすいかな?
コンパクトで使い易いですが、大缶より多少割高
挿絵がきれい
ひよこ
カ-ペットに絡んだペットの毛が取れると思ったのに…
ジャケ買い。
粗悪品です。画像とは違います。。
素敵な表紙
思った以上に良かったです
ぼぼ
おもしろいっちゃあおもしろいけど
光スレーブの反応いいです
青色を購入
コンパクトです!
たいへん使いやすいです。
良い!けど、、、、。
黒吉
先に規律があってその後に創造があるのですね
★ヴィヨンの妻が・・★
ちょっとちゃちイ
原作コミカライズのメリット
欧米ではデンタルピックは歯ブラシより評価されているそう
戻る