百目鬼の方も負けず劣らずで
表紙、
内容と、
1巻は色んな意味で衝撃的でしたけど、
先ずは本のブ厚さに驚いたものでした。

で、
今回も相当なもんです。
1巻より、
またちょっと厚い!この重量感…。

そしてドラマの一場面のような、
手にした瞬間から物語が始まっているかのような、
雰囲気あるカバー。
これは暫し見入ってしまいます。

中身ももちろん期待を裏切りませんでした。


年内に最新刊が読めるだけでもありがたいのに、
4〜10話まで収録された、
このページ数。

作家の作品に対する情熱が、
弥が上にも汲みとれる。
心して読ませていただきました。


矢代と百目鬼。
二人の微妙な距離はやはり丁寧に描かれ、
組織内のくすぶり続けていた因縁が関わっているであろう、

冒頭の事件の火種が、
矢代にまで点火していく…という2巻でした。


『相変わらず』な矢代ですが、
今回は10話でのエピソードから、
影山への想いの深さが伝わってくる。

どうにもならない想い。
それが、
影山とすっかり恋人認定の久我の存在を知った、
百目鬼に影響を及ぼしていく…。


察しがつくから、
矢代のことが分かってしまうから、
チリチリと覚醒していく感情。


苛立ち。
嫉妬。
頭をもたげ始める、
失っていたはずの感覚…。
そしてそれに伴う恐怖。


前半まで読んでいて(あの事件まで)、
どうしてこんなにも百目鬼って男は、
ここまで矢代に心酔できるのだろう?
ということが今更ながら不思議に思えていた。

『フィーリング』と言ってしまえばそれまでだけど、
でも、
それじゃあ説得性がない。


『優しくて、
強くて、
綺麗な人』とか、
『尊敬する』とか、
歯の浮くセリフを臆することなく言い放ってしまう。

聞いているギャラリーはともかく、
こちらも恥ずかしくなってしまうほど本人は大真面目だ。


矢代の自己防衛である歪んだ表層の下から、
道理もへったくれもないが人間らしい感情を覗かせるときがある。

いつだって、
そういう瞬間ををつぶさに、
決して見逃さない男。


『あの瞬間』、
矢代のフラッシュバックする記憶は、
百目鬼は知る術もないと言うのに。
囀る鳥は羽ばたかない 2 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)

その他の感想

速い!快適!!(*’∀`)(umobileSIMとの比較です)
SoundLink mini2と比較して、どこで聞いてもすっきりとした鮮やかな音のスピーカー
佐々木
「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」に通じる
オススメな作品★アーランドと比べた感想が多め。
昔を思い出したくて
第一印象の大切さはわかるが内容にものすごい斬新さはない
良い紙質
薪ストーブに塗りました
肩肘張ると読みづらくなりそう
効果があるかな?
美品でした。満足です^^ そして嵐さんに感謝☆彡
ほんものだったので、ホッ(#^.^#)
つまり、人類はかなりの僥倖に恵まれて技術文明を獲得した、と。
可愛い孫が喜んだ。
キー入力に専念できるようになった。
素材◎
たいへん興味深いが、6割は与太話なので評価は大きく下がる
さすがAbu
おねだり
2016年のリマスターに満足です!
中世世界の驚異、偉大な統治者のまま退場し、しかし中世はもうしばらく続く、、、
夫の依頼
『除菌』の名前に偽りなし!!
ジャストフィヒット!!
すぐに使える作文&論文作成のルールブック
歌詞がもうヤバイ特にEDの方
何かと便利な哺乳瓶
ワンサイズアップがいい
出た!!世界のロド&ガブの譜面集
戻る