父 断章
日経、
読売、
毎日の3紙に取り上げられたこの辻原登の短編集は期待を裏切らない完成度です。
時間的には古代から現代まで、
空間的には世界の果てから夢の果てまで時空をひとつの文学空間に統一させる辻原の小説技法は、
この短編集の中の「チバシリ」でも遺憾なく発揮されている。
昭和の脱獄王、
白鳥由栄の脱獄の一部始終を手に汗握る迫真の筆致で描いた吉村昭の「破獄」からたくさんのヒントをもらいながらも辻原は、
脱獄王の心情を深い闇に誘ってみせる。
読者はいつものように最後の展開に驚嘆するのである。
父、断章

その他の感想

ジョギング用に購入
おそい!!!!
ゴアテックスなどにはこのフッ素系。ハイブリッドの3M製などではダメ!
特典があまり欲しくない人向けです
i Mac 2011 midで使用中
ものは良いです
まぁまぁ楽しめました
昔からよく聞いています
やっぱ可愛い(^。^)
格好いいです
野球おやじ
これだけ待たされてこれではねぇ・・・
電切れ腕時計の補修
想像以上の 能力でした
このサイズ!
人の世虚しい応仁の乱
良書、好意が伝わってきます
しっかりしています(^^)
読んで実感!わかりやすく、おもしろい、なるほど
思った以上に使い易い
信頼のサンワサプライ
手軽に購入できました。
欠けていた
SI単位系をしっかり表示した教科書
コルク床になじみ艶が戻りました。
大惨事になるところだったので、この消火器には助けられましたが
満足はしてますが・・・
硬いものには不向き
クレヨンの練習をしている1歳の娘へ
戻る