飲み比べ
炭酸ガスボンベ使用器具の「ビアパーティー2 バリューセット」(アマソンで販売中)と、
モーター式の「ビール クリーミー缶サーバー」の両方を使用し飲み比べてみました。


*私は、
飲食店で使用している業務用のビールサーバーを使った事があります。
泡の出方とか、
出し方は技術的な部分や慣れも必要なので省きます。


・炭酸ガスを使う方は、
3Lなどビールの量も多いのでパーティー向きですが、
それなりにボンベも使います。


・モーター式は、
1缶500mlまでなので缶の交換が面倒。
家庭向き。
だけど電池なのでエコ。


泡の感じは、
クリーミーさとかは同じ感じですね。
どちらも泡のクリーミーさの中に甘さがあり、
ビール自体も飲みやすく美味しくなります。

「ビール クリーミー缶サーバー」は発泡酒でもクリーミーな泡と美味しさが楽しめます。


業務用は、
タンク交換したあとの最初は殆ど泡しか出て来ませんが、
この器具も似たような感じで面白かったです。
2杯めから安定してきます。

泡が早く消えるのは2杯め,3杯めと同じグラスを使うからで汚れが原因です。

飲食店のように毎回新しいグラスで飲むのなら、
消えづらいと思います。


個人的に長く使いたいのは、
クリーミーな泡立ちを発泡酒でも楽しめ、
ホース1本だけの洗浄の手軽さと電池交換で済む「ビール クリーミー缶サーバー」ですね。

この夏は、
活躍する1台になる感じです。
ビール クリーミー 缶 サーバー

その他の感想

コストカットの分野は吟味する必要がある
まあ、替えのバッテリー。それだけです。
ちょっと残念!?
お金返して欲しい
3年かかって読んでます。まだ読みおわってません。
握り心地がいいです
色がもう少し‥
自然なブラウン
使い勝手はよし。
3年目の使用で特に不具合はありません。(2015/8現在)
お手軽、簡単だけど、下調べ必須
使いづらい・・・。
リンク速度が見えないのだけ...
特にありません!!
プロパガンダ用写真集としては秀逸なんですが・・・・
修学旅行における告白の手伝いというか邪魔の手伝い。矛盾した依頼をひねくれた方法で
尻ポケットに何とか収まるサイズ
LEDレフレクターの車検対応に
いま慣らし運転中です。
型番は、間違えないように
25年越しの改定新版(ルール自体は基本同じ)
アモントン・クーロンより出でてアモントン・クーロンにもどる
Cubaseユーザーなら買い
スキャナが本体じゃなくカバーに内蔵されたせいで
トランクスはGood!
とても機能的
ワークブック感覚で使うと良いのかな
ブルー系の色は難しい!!
本当にしっとり!
頑張ったのに
戻る