中立の立場でいろいろと調べてみました
本書に書かれてあることが本当なのか、
私は医師ですのでPubMedを使って中立の立場で世界中の医学論文の中から牛乳に関する研究結果を調べてみました。


フィンランド人は1日1,300mlも飲用しているので、
脂肪とカルシウムの摂取過剰による動脈硬化性疾患、
前立腺癌などが増加するのは当然であり、
その1/10しか飲用していない国民においては牛乳を飲んでいる人ほど健康になり、
長生きになっていたというデータがでるのは当然です。


アレルギー体質の人には牛乳が悪さすることもありますし、
GI値が高いため食後の血糖が急に上昇するタイプの糖尿病の人にはよくないでしょう。
しかし、
それら以外の人々には健康を増進するのは間違いがないようです。


インドでは牛乳を飲んでいる小児の方が病気にならないというデータが最近発表されていました。
日本では70歳時に牛乳を一定量飲んでいる人は飲んでいない人と比べて80歳での身長の減少量が1cm少ないというデータもありました。
2004年、
米国ハーバード大などのグループが行った53万人を対象とした研究で1日当たり200ccのコップ約2杯半の牛乳を飲むと、
大腸がんの危険が12%減少することが明らかになっていました。
思春期までの牛乳の摂取量が高齢時の骨折率と関連しているというデータもありました。
このように、
牛乳が健康を増進している研究結果は沢山ありました。
確かに牛乳が特定の人に悪影響を与える場合もありましたが、
私には著者が牛乳の不都合なところだけを取り上げて、
医師としてなぜこのような著書を出したのか不思議に思えました。


科学的でない意見でお恥ずかしい限りですが、
数千年の酪農の歴史の中で、
牛乳がそんなに体に悪いのであれば、
自ら酪農の生産物で食いつないできた村は、
そうでない村と比較して村民がバタバタと病気になり死亡し、
その原因が牛乳だと特定するのはそんなに困難なことではないはずですから、
数千年の間に牛乳という飲み物は自然淘汰されたはずです。
コカコーラなどは発売からたった数十年で、
その飲用により牛乳の飲用の機会が減り児童の骨折を増やしてしまったと判明しています。
数千年もの間、
人類に飲み続けられてきた牛乳を、
著者がなぜそんなに体に悪いと主張するのか不可解です。
なぜ「牛乳」は体に悪いのか ―医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害 (プレミア健康選書)

その他の感想

完成された造形美。
納得できる
信越工業 PPい草ロープ No3 3mm×450m
やはり沖縄モズクは美味しい
極太ソリッドセミホロウ
メロディーに最適なコードを付ける時の考え方
表紙カバーは2015年用より地味めなゴールド
鉄錆地調版と比較して
「コミックセットに使える500円クーポン」も併せて使いたい
夏場のあせも対策にかかせぬアイテム
母の日に主人からプレゼントされて。。。(使いやすい)
誕生日に。
思ったほど・・・
毎年冬の定番です
確かににおいが残らない。
ユニークな思想史
最強の日本製韓国語電子辞書
まるです
ダブり!!!
複雑なデザイン、ニンニンジャー
とにかく分かる.
コーティングの質は期待しない方がいい
バーコードが・・・
グッドサイズ
外干しでも香り長続き
楽しいです~♪
会社を設計するということ
ハイエースに使用中
1ヶ月足らずで故障しました
最高の書き味
戻る