エンデの魂に触れる体験
死後に編まれた本(特に、
この本のようにインタビュー集となると)というのは、
独特の意味付けを持ってしまう。

本の中で話している当人が、
もうこの世にいないということは一種の感慨を呼び起こすし、
そのため一つ一つの言葉が、
洞窟の中で話すときのように、
何十もの反射をもって、
深みのある響きになってしまうように思う。

だから読者に与える影響度となると、
普通の本とは比べることができない。

だがそれも、
もし本の内容がどうってことないと いうのであれば、
たいした意味がないだろう。


この本ではその心配もない。
気心の知れた日本人に向かって、
エンデはさまざまな重みのある、
重要な言葉を語りつづける。
「芸術とは挫折からできているのだ」「わたしが書くということは冒険だ。
それがどこ私を連れて行くのか、
私にもわからない」「作家の課題は新しい神話のなかで人類全体と個人を調和させることだ」…

まるでこれらの言葉が、
死後に本になるときの効果を知っていたかのようなすばらしいことばの数々。
読んでいると、
エンデの深奥の魂に触れたような気分になってくる。
ものがたりの余白 エンデが最後に話したこと (岩波現代文庫)

その他の感想

先ずは基礎から
テレビ・ビデオサーバーに最適なCPU
ホームページの文章検討用に
プチフリーズ
入門書というには…
使い勝手バツグン
1対1の対訳なんて無理ということがよくわかる
難ありですがコスパ的にはあり
写真雑誌の良心です。
試し履きして・・・
可愛いし、漏れません!
腎臓専門医受験に必須な問題集
しっかりした袋
参考にならなかった
庭を美しく見せる実例集
もの凄くいいです!
これからの季節にはくには、ちょうどよいと思います。
履き心地は、えかった!
LS210Dのマイナーチェンジ?
反日中毒と化した韓国から、我々は外交戦争を仕掛けられている
安定のバカさっぷり
欽定訳聖書
はる
縄文人は日本人と韓国人の祖先だったことがよくわかります。
きれいで、黒の色合いもよく、まずまずといった感じです。
紐がほつれるが。
RYOBIのミニサンダにて使用
思ったより使える~
大きな問題はないが
がっつり食べれる
戻る