軟弱なゲームに飽いてしまったゲーマーに捧ぐ、地獄行きの切符
私がこのゲームをしてまず感じたことは、
「あまりに難易度が高い!」・・これにつきます。

アクションゲームはわりと昔から好きで、
ロックマン世代からゴッドハンド、
ベヨネッタ等の3Dアクションもこなしてきたのですが、
この忍者外伝シリーズははっきりいって、
異常。

1人の敵がまるで人間操作のごとき殺意で武器を振り回し、
手裏剣を雨あられと投げまくり、
ガードを固めれば投げ技で崩し、
腕を無くせば自爆してまでこちらを倒そうと襲いかかってきます。

最低難易度の「忍びの道」ですら一般的アクションゲームのノーマル並みの難易度であり、
さらにその上には3つも難易度があり、
最高難易度の「超忍への道」に至っては「クリアする?寝言を言うな」と言わんばかりの地獄のような猛攻を仕掛けてきます。


しかし、
それを乗り越え、
ボスの攻略パターンを編み出し、
敵の出現場所を覚え、
クリアしたときの感動は本当にひとしおです。
まさにこのゲームは古き良き「死んで覚えろ」「できるまで繰り返せ」というスタイルを貫いており、
現に私も「超忍への道」で何度もコントローラーを投げ出しました。
はっきり言って、
このゲームは理不尽です。
でも、
アクションとして面白い。
だから、
またコントローラーを手にとって、
繰り返してしまう。


理不尽な難易度に対抗するための、
ド派手な忍法、
主人公・リュウの繰り出す一撃必殺のイズナ落とし、
滅却などといった武器はそろっているのです。
敵の攻撃力が高いだけでなく、
こちらの攻撃力も圧倒的に高い。
まさに殺るか殺られるかといった、
スリリングな攻防が楽しめます。
この点は、
敵が固めな「ゴッドハンド」や「DMC」といった名作3Dアクションゲームと比べて、
このゲームの持ち味だと感じました。


総評すると、
とても万人に勧められるゲームではありません。

画像が綺麗だから・・とか、
手軽なアクションを求める方には絶対にお勧めしません。

ですが、
アクションゲームが大好き、
けして折れない諦めない、
理不尽な難易度にへこたれないと言える方には、
珠玉の一品となると言えるはずです。
ぜひ、
プレイしてみてください。
NINJA GAIDEN II(ニンジャガイデン 2)【CEROレーティング「Z」】

その他の感想

写真集買うの初めて
週刊金曜日の特集従軍慰安婦問題
前の本より洗練度がアップしてます
どうなっているのかと思ったけど。
かわいい本
劇的に落ちますが、きれいにしたい対象の素材を選びます。
フロントサイドカバーを使用して 
壊れた人間たちの殺し合い
村治佳織を育てた父のギター教本
あなたは冷たいビジネスの世界で生きていますか?
使えなくはない。
ブレーキが点灯せず、LED部分がプラグ部分から外れた
コーディネートしやすいです
本当は恐ろしいなべおさみ
吉田松陰 松下村塾 人の育て方
勝手に巻き戻ります
グリップ細い
半田くん
安いけど、耐久性が心配
意外な完成度
使い心地は最高
買いだよ
この内容では
備えあれば・・・
3両になりましたね。
小銭入れとしては
とても勉強になります。
弾き終えた時の爽快感はたまりません!
これはためになるとても良い本だと思いました!
誤植はあれど
戻る