Linuxをベースとした説明が多い
この一冊と BeagleBone Black があれば、
とりあえず遊べます。
BegleBone Blackには、
パソコンとの接続用USBケーブルが同梱されており、
パソコンに接続するだけでUSBバスパワーで起動できます。
本書を読みながら、
接続して1時間でLED点滅まで行けます。
1,2章は概要説明、
3,4章はLED点滅やI2CなどのI/O、
5章がWebサーバー構築などネットワークをメインとした活用法、
6章がバッテリー使用やI/O拡張等の応用編といったところです。

サーバーを作ろうと書かれているので手強いとお考えになられるかもしれませんが、
このように基本から解説しているので、
Webサーバー、
PBXなどがメインになっており、
あれもこれも出来るという内容ではありません。
といっても、
Linuxベースのサーバーに関する本は良書が数多くありますので、
そういう向きは別の本も合わせて探されると良いと思います。

BeagleBone Blackで遊ぼう! Raspberry Piより高機能で高性能
との違いは、
「遊ぼう」のほうが組み込み系向きに丁寧に解説してあり、
本書のほうがLinuxを使うことに重きを置いているように見受けられます。
「遊ぼう」のほうは、
JavascriptやC言語でプログラミングが解説されシェルスクリプトが皆無であるのに対し、
本書ではシェルスクリプトを多用しています。
コマンドラインでの入力例も多いです。
ただ、
組み込み系への応用についても本書では、
ループによる待ち時間設定はリソースを食う点を指摘しているなどいくつか参考にすべきは点があります。


以下は、
BeagleBone Blackの説明
BeagleBone
BeagleBone Blackで遊べるサーバを作ろう!

その他の感想

製品版プレイ
辞書としてはイマイチ。学習機器としては便利。
デジタルで体感できるアナログな恐怖。
やっとみつけたって感じです
絶壁防止効果あり
部屋のインテリアとして最適。
スノトレとして十分な機能、小さいサイズは幅が狭い。
質感がつかめませんでした
コスパが良い。
絵も綺麗
見た目が、大足に見える      
この居心地の悪さから逃げるべきではない
本当にまずくなってる。
プログレッシブ・アイドル
期待通りの性能です!
スマホで綺麗にサクサク動く!
音にかかった靄が晴れ渡るよう
注文の数が届かず。
緒方混在門太郎助の介
できるだけ原書で読んで下さい
LAMY2000に使用
はじめの一歩は載っていません
解説が薄い
わかりやすいが付属の体験版CDが読み込めない。結局adobeからダウンロードしました。
想像通りの香り。
サイズ感が合わず・・・
シンプルだが手軽に何度も楽しめるカードゲーム
背中の色
意外とまじめ?
NW-ZX1以上に造り込まれたハードウェアです。
戻る