猫?妻?
タイトルだけ見たらエッセイかなと思ったのですが、
「蘆野原偲郷」という言葉を見てあれっと思いました。

で、
読んでびっくり。
小路さん、
こんなのも書くんだ。
と。

この手の話は梨木さんか宮部さんというイメージでいたので、
それらの作者さんとの違いも楽しめました。

まだ妻の謎も明らかになっていないし、

「蘆野原」に関わる話がまた読めるといいと思っています。
(そうなると思うけど)
猫と妻と暮らす: 蘆野原偲郷 (徳間文庫)

その他の感想

シリコン臭いです
日本の薬学生・薬剤師の為の薬理学の教科書
こりゃ、あの伝説の「野村ノート」を超えるかも。
ソニーさん、素敵なアルバムありがとう
最悪ですね
いいです・・・・
うちの子のお気に入りです
優秀な靴下です
普通の出来
わかりやすい(^_^)v
何だか哀しい
一つの時代が終わりました…
小学生のときに読みたかった
見やすく実用的です
わかりやすい
切れる.ハサミ
同種の購入
対照的な2人が織りなす友情の物語
歴史を変える本
浅く広く
ちょっと高価ですが、満足できます。
友人へのプレゼント
注文翌日に届きました
背面図が少し役に立つ
シンプルイズベストってこういうこと何だなって
旨くて安い
一番変化を感じられた本です
持ち運びに最適なサイズ、軽さ。映りも十分
予想外の形状、でも履き心地は良好
メロドラマだ・・・
戻る