圧倒的に面白い脳の本、模範的な科学
 著者のラマチャンドランは、
幻肢痛(事故等で切断した手足が、
まだあるかのように感じる現象で、
なぜか激痛を伴うことがある)の画期的な治療方法を発見したことでも知られる脳神経学者である。
長きにわたり有効な治療方法がみつからなかった幻肢痛を、
科学的な推論に基づく簡単な実験で治療したばかりか、
同時に、
ニューロンの異常な可塑性も発見している。
さらには先天的に腕のない人に幻肢が起きた症例も紹介しており、
そのメカニズムに関する仮説は、
ただ驚くばかりである。
そのため、
幻肢に関する章だけでも本書を読む価値があるだろう。


 しかし、
本書が素晴らしい理由はさらにある。


 まず、
なんといっても脳の局所的損傷や疾患によって生じる、
極めて特異な症例の数々である。
登場する症例は、
いずれも特筆に値するが、
たとえば、
半側空間無視という症状を示す患者は、
知性は普通なのに、
世界から左側がすっぽり欠落したかのごとく振舞い、
メイクも顔半分しかしないし、
食事も視野の右側しか食べないなど、
とても凄いことになる。
この症状を示す患者によって描かれた「半分しかない花の絵」は衝撃的である。

 
 本書には、
そのような興味深い症例がいくつも出てくるのだからたまらない。


 また、
序盤で「科学者であればみな、
知的好奇心と健全な懐疑精神が必要だということを知っている」と述べているが、
それが口だけではないところも注目に値する。


 ラマチャンドランが数々の症例から脳機能について仮説を立て、
検証に結びつけていく過程は圧倒的に面白く、
知的好奇心を刺激する。
しかも、
その姿勢は、
自身が誤っている可能性に留意しながらも、
大胆に謎の解明を試みる、
生きた科学の模範的な実例にさえなっているのだ。


 さらにいえば、
単なる読み物としても圧倒的に面白いため、
本書は、
私にとって『フェルマーの最終定理』(サイモン・シン著)と並ぶ至高の一冊なのである。
脳のなかの幽霊 (角川文庫)

その他の感想

アンダーアーマー MR7761
献立に 行き詰まり
軽い。安い。楽しい。
感度が良いです
甘かった…
子供の
綿と羽毛が選べる
寒い日の野外で 活躍の品
広瀬さんの講座はとてもいい
回転ムラがありますねぇ~~
タイムラプス用微速度パン雲台として使用します
神バインダー
旨いです!
デスクワークには不向。自室インテリアのアクセントならOK
清らかで敬虔な趣が感じられます
表紙は水波と深雪、水波は達也にとって自由の鍵か?
フェチじゃないですが、明るいムードで楽しめました。
この路線で行くのでしょう。そして、何故今、RATT!?
テフロン。
使えん…
美白
ガッツリ勉強するのではなく、感覚的に倫理が掴める。
Qua tab PZ 用を購入。 個体差があるような商品には思えませんが
星4つ です。
やってみようという意欲が湧く実践的な良書
アルゼンチン
シナリオノベル後編目当てです。
生き方にある中心軸
ブッダの教えを概観するための良き教科書
綺麗な写真も多く、見て楽しめる
戻る