天下泰平前夜、最後の戦に立ち向かう男たち
歴史の表舞台に立つ事のなかった、
坂東無者の物語。


戦国時代の傑物、
秀吉が関東平定に乗り出す。

その方法は正に天下人の戦。
圧倒的な戦力でもって、
関東周辺の城を黙らせていきます。

腹心石田光成も、
天下人の戦を武蔵の国の小さな城に仕掛けます。

がしかし、
お世辞にも立派な将とは思えない ”でく”のぼう様 が
この大軍の攻めを退けていく物語です。


至る所で、
”坂東武者”という言葉で、
のぼう軍、
忍城の武士たちを表現しています。

この坂東武者とは、
鎌倉時代前まで遡る古い言葉で、

当時から、
戦が激しく繰り返された関東出身、
武者の勇猛ぶりを示すものらしいのですが、

秀吉後に訪れる泰平の世を思うと、
最後の大立ち回りとなる、

彼らの奮闘ぶりに、
ノスタルジーを感じてしまいます。

物語と、
現代の情報(忍城の跡地、
石田光成の水攻めの堤防跡)を
織り交ぜつつストーリーが進むので、
より切なさを盛り上げます。


また、
歴史小説では、
限られた史料からキャラクタを作り上げるのでしょうが、

各将の戦にかける想い、
領民とのやり取りにそれぞれの違いを出させており、

非常に分かりやすいようになっていました。
そういった意味で映画化にも納得です。


ただ残念なのが、
戦のシーンが2回しかなく、

また、
三成側軍勢に愚将が多すぎて、
張り合いがないように感じました。

戦のダイナミックさに欠けるのは仕方ないにしろ、

もう少し面白みがないと、
戦国小説としては物足りないかもしれません。
のぼうの城 下 (小学館文庫)

その他の感想

X205TAの拡張用として。
挟むタイプなのでセットが楽です。 
アゲツヤより良いです
膨大な資料に基づく労作だ・
アメリカ留学の必携書
やさしくありたい
思わずお礼が言いたくなる内容が多い本です
RA6オデッセイには不適合
インプットしただけで出来ちゃった!
すぐ電池交換しないといけません。
人生の美しさに心を馳せました。
びっくり~_~;
ま〜〜〜〜っっったく 役に立たなかった(泣)
D-SubだけのPCでも簡単にHDMI接続できるスグレモノです
香ばしい
思っていた以上に明るいです
動きで魅せるガンプラ
キャンプ用に
デザイン、精度、価格とも良
今回もう一度蛍光灯を使う。
イマイチ過ぎる。
確かにずれない
書店の仕事に興味がある方にも手に取って欲しい作品です
盲目的に なんとなく信じている習慣を見直す
かわいいよね〜
「善き社会」をめざす財政の原理―「信頼と尊厳の財政」を追求する
あまりにも、毎月のプロパンガス料金の高さに我慢ならず。。
ワイルドスピードの未来
込み入った場所の芝生刈り用に
カラフルな挑戦
戻る