芸術解説にとどまらない、文明、神話入門
ヨーロッパ文明のオリエントへの憧憬、
それがエジプト美術なのだろう。

かつてソクラテスはエジプトの芸術を
「10000年たっても変わらない芸術」と論評したが、
その通りだろう。

如何なる時代、
如何なる文明の人にも共通の感動を与えるだけの不動さこそがエジプト美術の魅力かもしれない。

そんな芸術作品を解説した一冊は、
芸術評論にとどまらずエジプト文明入門、

エジプト神話入門としても必ず役立つ一冊になっている。

文章も読みやすくどんな年代の人でもとっかかりやすいでしょう。
【絶対に行きたい世界の美術館、博物館】大英博物館1 エジプト編

その他の感想

懇切丁寧な教本です。
致命的欠陥有り
ロマン溢れる一冊
可愛いし、機能性もバッチリ!
思っていたほどでは。
コンパクトで色合いも上品。いい商品です。
26CMの全敷で26.5CMの安全長靴にピッタリ
少しズレます。
我が子の名前が入って、かわいい!
小説を堪能するということ
続編への布石と考えれば
A rich vein of research
癒されるメロディと優しい声が魅力
カバーガールがかわいらしくて…
3ヶ月使用後の不具合点
今年は腰を入れて、、、
私たち一般人には知るよしもない裁判や裁判官にまつわる裏話的話題が満載であり、大変興味深く読ませてもらった
電子工作を始める方にお勧め
鳩とスパイ
すぐに壊れた。
取り付け器具との相性(高さなど)には気をつけてください。
重要なのは1章 最初の50ページに集中しています
Parallel World
続編まで読み切った時に感じるなんともすがすがしい気持ち
こういう本に出逢いたかった
怪人(南方)×怪人(水木)=本書
ベランダの目隠し用に買いました。
ふたご?の水色の方がいない!
すぐ読みたくて書店で購入!
けっきょく黒ラベル
戻る