悼みの意味
「悼む人」は何を伝えようとしているのか。
まず、
彼はどんな身分の人も分け隔てなく「悼む」。
そこに、
キリスト教と共通する思想を感じる。
死は誰のもとにも共通して訪れるということ。
また、
キリストは悪人だろうが貧しかろうが自分を信じる者を差別せずに救った。
作者が伝えたいことはそのあたりにあるのではないだろうか。
彼の「悼み」により、
どんな死者も一種のかけがえのない存在として彼の胸に刻まれる。
と同時に、
死者はその生の意味を肯定され、
この世で意味を持っていた存在として昇華されるのではなかろうか。

 私たちは普段、
自分たちの中のものさし(善悪の基準)で物事を判断する。
死に対してもそうである。
ある死者は非難され、
別の死者はほめたたえられる。
それがどれだけ傲慢な行為なのか、
「悼む人」はその行動で示す。
前述したように、
そこには差別がない。
キリスト教との一致も、
書いたとおりである。
読み進めるうちに、
死者を本当の意味で裁けるのは、
神だけなのではないか…そんな思いが浮かんでくる。

 彼の「悼み」は、
最初は単なる自己満足としか思えない。
確かにそれはそうなのだが、
彼の行動は確実に関わる人を変えていく。
あるフリーライターは視点を変えてものを書くようになり、
彼の同行者の女性も自分の気持ちの変化に気がつく。
彼の「悼み」が、
周りの人に死を意識させ、
それについて深く考えさせるきっかけになるのなら、
そのふるまいにもプラスの意味を見出せる。

 世の中にいろいろな宗教があるように、
「悼み」にも様々な形があるだろう。
この本に示されているのは、
その一つのあり方にすぎない。
しかし、
普通の人が避けがちな「死」を真正面から見すえ、
読後に死について考えるヒントを与えてくれる小説として、
この本は見事にその役目を果たしている。
悼む人〈下〉 (文春文庫)

その他の感想

もっと早くに読んでみたかった本
日本がリードする世界市場開拓域のひとつに
なかなかのものであるが
コスパの高い、良いケースでした。
ケイチャンネル
一通りJavaScriptを勉強した初心者にお勧め
親戚に頼まれて購入
ゲーム内での服装にもこだわりたい人に
nice sandals
質問の本質をついた良書。
価格以上の満足度
なかなか楽しい。
今の日本にも十分通用する考えばかり
どうでしょう?
使い勝手良好です。
期待はずれ、かも
こんな本が欲しかったです
難民様の犯罪ニュースは、フェイクニュースだから禁止
差し歯の保護にも最適
星マイナス2ですが、良品です。
著者にも読者の私にも懐かしいあの80年代の興味深い裏話が満載
デザインがステキ!
いい香りが
The Nail That Stands Up
まだ漫画を読むには不向き
暗めのグリーン
BHAが配合されていました
網羅的な基礎のお話(初心者限定)
ヤングアニマルの読者層、魔法ににかかってませんか
ブル
戻る