リハビリスタッフ必読の書
ある日突然に体が動かなくなったり、
言葉が話せなったりする脳卒中患者にとって、
これから自分はどうなってゆくのだろうということは最大の関心事である。
かつての医療では、
とりあえず患者には「治りません」と伝えておいて、
後で何かできるようになったら「先生のおかげです」と患者に言ってもらうことが慣例化していたようだ。
しかし、
「治りません」ということは患者に絶望を与えるだけだ。
患者にとってリハビリは、
「先の見えないトンネルの中を歩いているようなもの」としばしば言われているが、
リハビリスタッフもまた、
予後予測もなく暗闇の中を手探りで歩いている状況なのではないか。

本書では、
このような問題状況を打破するための、
重要な示唆が随所に書かれている。
リハビリスタッフにとって、
「治療の帰結(アウトカム)についての見通しを立てること」「予後予測」が重要であることが説かれ、
そのための具体的な方法が示されている。
すべてのリハビリスタッフが本書を読んで学修し、
予後予測をして、
リハビリチームで共通の目標を意識して、
リハビリ訓練を実施してくれるようになったら、
患者にとってこれほどの朗報はない。
患者は、
医療者の心からの共感も必要としているが、
それ以上に、
脳卒中の後も生きてゆくための確かな情報と回復も必要としているのだ。


 
脳卒中機能評価・予後予測マニュアル

その他の感想

大量ですが長期間味の劣化は起こりません
ものすごく面白い。
洗濯機が・・・
流石はソニーのウォークマン、感動しました。
仕事に必携です
初めてでも無理なく作れるレシピが満載
オーディオシステムの実力が判ります
ガバッと包めるサイズ!
就活という不思議な活動
英語学習者の必需品
これぞ本物の起業家!ただエピソードは普通
デザイン・耐久性共に良い
致命的なミス発見
とても簡単でした
新しい切り口のコーチング
よかったです。静かになりました。
変わらないのでは?
濃厚で美味い
92年はブラジル系の傑作です
音楽祭
それほど、速乾ではなかったです。
同じ大きさが見つかりました
振付で踊るために買いました
こんなマイナ機が買えるなんて!
純正品を選べばよかった
はがきサイズなので
ヒゲが・・
いろいろ醜聞はあるけど好きです
機能は満足するけれど・・・
期待以上に良かった
戻る