走り続けることの意味
Born to runにも伝説的なランナーとして登場していた、
スコット・ジュレクによる自伝です。
Born to runが走ることを人間の本能であり、
即ち走るために生まれたと定義していたのに対し、
こちらは走ることの意味について問いかけ続ける一人の男の物語といった感じです。
幼少からWestern States7連覇の偉業を達成し、
その間やその後の彼の成長や精神の在り方がまざまざと描かれており、
読者としても1ランナーとしても深く考えさせられました。
各章の終わりにはランニングのテクニックや彼独自のレシピが挿入され興味深いです。
結局のところ走ること、
勝つことは目的ではなくプロセスであり、
どう生きるのかといったことに真摯に向かい合い続けられるのかどうか。
Born to runとはまた違った切り口で走ることで見える世界が表されていると思います。
Eat and Run: My Unlikely Journey to Ultramarathon Greatness

その他の感想

ポストイットアートの図案に最適!
穏やかな鎮魂歌
手軽に対人が面白いと思える格闘ゲーム。
とっても気にいっています
安いのにすごく良いかも・・・
ずっと大切にしたい作品
霊言ならではの、公開授業!
MacBookProでの使用ではちょっと・・・
アンフェアなレビューに注意
控え目です
高いけど内容は良い
安いので・・・
誤解を招く画像
@などの記号入力困りについて
作りたてのアツアツがおいしい
とても良いシェーバー
丈夫で、安心感あり
結構ずれる。
読者特典の対談ビデオが秀逸でした。
サバイバルインスティンクト
ネットワーク機能は使い物になりません
子供が喜びました。
リーズナブルで良かった!
快適でした。
使う事はできますが・・・
自宅の洗濯パンに適合するか要注意
寝ながら読書派の人には特にオススメ!でも眠るときには外した方がいいと思います
珍しいこけし
センセーションな作品
この値段なら満足です。
戻る