「土壌」こそ日本の資源
これまで学校で習ってきた社会科の固定概念をひっくり返してくれる。
日本の歴史の中で、
最も根本的で、
最も重要な「土(=土壌)」について、
「水」「森林」「稲作」との関連から鋭く警告する。
日本に稲作が伝播してきて以来、
現在まで続く農業。
大陸から伝わりながら、
「森の国の農業」として脈々と続く。
現在も目にする田園風景は弥生時代からの風景と変わらなかったとする著者が「なぜ、
今まで気づかなかったのか」と振り返る。
今、
自分たちが踏みしめている大地(土壌)に目を向けてみませんか。
環境問題とは何か (PHP新書)

その他の感想

屋外放置できるほどボードに耐久性がありません
花の名前を
専門書だがヒトゲノムにまつわる読み物としても面白い
このシリーズは外せません。
しっかりとれる
緑茶に飽きて来た頃だったのでピッタリでした
肌触りサイコー!!
どなたかが 美味しいと
思ったより大きかったけど。
洗いあがり良いです
子どもの安らぎルーム用
温かな愛情を感じます。
書いたり消したり
何から考えたら良いの?
厩戸コード!?
効果の程度がよく解らない
細すぎるが味は普通
ナゼ??
電子出版におけるリアルとネットの活用法
全然古くない。
だんだんと佳境に・・・
コストパフォーマンス大です。
ディズニーとジブリは
とても良いです^^
少々高価ですがその価値はある。
オイルビジネス一大叙事詩。
満足度はかなり高い。
早く手元に届き嬉しかったです。
上澄み感溢れる
値上がりしたのが残念
戻る