ロボットが人間を照らしだす・技術とは再現性のある芸術かも
アンドロイド制作、
特に自分そっくりのジェミノイドで世界的に有名な工学者石黒浩氏が、
アンドロイドとは何かにしぼってまとめた最新作です。
瞠目の発見、
気づきの連続で、
初めて著者の本を読む人なら、
ドラマ以上の面白さにページをめくる手が止まらないのではないでしょうか。

 
 オーストリアのリンツのカフェにジェミノイドを置いて人々の反応を見た経験、
同地でのアルスエレクトロニカセンターでの、
メディアアート大会のもようなどから始まり、
2章「ジェミノイドを作ってわかったこと」では、
これまでの本に何度か出てきた内容ですが、
ジェミノイドに自分の身体が移行する感覚、
ジェミノイドを作ってみて自分に起こった内的変化などがきわめて率直に語られています。
3章「人間らしさを作り出す」では、
具体的なアンドロイド制作の方法が説明され、
4章「人間以上のロボット、
最低限の人間」ではロボット演劇の実験なども含め、
人間が人間そっくりの存在に注ぐまなざしが冷静に観察されます。
芸術になってゆく技術について、
著者のいま現在のモチベーションも垣間見えます。

5章では「社会を変えるロボット・メディア」として、
遠隔対話装置としてのロボットが人間同士をつなぐ新しい絆になる可能性が述べられます。
いかにもロボット然としたロボットであっても、
それを配置しておくことで、
遠くからその部屋のようすを見ることができ、
都合のよさそうなときに部屋の人間に話しかけることができる、
あるいはメールを送ると、
ロボットがしゃべってくれる、
など、
いわば携帯電話のもつコミュニケーションの敷居の低さを、
人間的なぬくもりを加えたうえで拡大するものとして期待が持てます。


 ここまでは従来の著者の本でもある程度述べられていましたので、
総復習でもあり、
同時に「ロボットが人間を照らし出す」という文脈に置き直すことによって、
哲学、
認知科学、
心理学などさまざまな分野に広がる豊かさを確認させてくれます。
人と芸術とアンドロイド― 私はなぜロボットを作るのか

その他の感想

ジャケも最高
2014W杯 NHKテーマソングNIPPON収録
xps-1boa
大人の色気がいいね。
可愛い動物達のモチーフです。
フードについて
予想以上に綺麗になった
生地がサラサラで着やすい!
ホワイトボードにくっつくので、便利です。
Steamを使ったことがある方におすすめ
避難距離が
アニメ製作に興味のある人必携!
過剰編修のまずさ
こんな本が書けたら死んでも良いと思うような良書
色鉛筆のパラダイムシフト
秋は穏やかに時が過ぎます
保育園用の名前つけに
身につまされる
今年一番のアルバム!
これでどうやってTVを観ろと言うのか…
裏表紙がかわいい感じです。
繊細な高音と自然な中音域の再生音。コストパフォーマンスは最高です。
スリムでかっこよいです
こわれやすい縫合ですが
感覚を掴めれば安定します
再生使用を考えているなら1kgのもののほうが
ケースもシートもコンパクトサイズで丁度良かったです。
仕事ではいてます
問題無いですけど
これくらいということかもしれない。
戻る