難解でありながらARCSモデルのスタンダードが見える
学習意欲という、
一見捉えどころのないようにみえる概念を、

理論的背景から丁寧に解説されており、
一文字一文字が頭の中に染み入ってくるようだ。

ARCSモデルは、
この分野を学ぶ者にとっては決して避けて通ることはできない基本概念である。

不見識ながら、
本書に書かれているほど精緻に組み立てられたモデルだとは理解していなかった。

このモデルを理解することによって、
拡張モデルが研究されたり他のモデルとの併用による
相乗効果が期待されたりといったことが可能になる。

本書は、
インストラクショナルデザイン研究の基本書ととらえることができる。

ただし、
詳細かつ丁寧に記述されているがゆえに難解でもある。

この分野の研究者にはぜひ読んでいただきたい良書であり、

院生等には、
他の平易に記述されている書籍で知識を整理したうえで手にとってもらいたい。
学習意欲をデザインする―ARCSモデルによるインストラクショナルデザイン

その他の感想

手軽にお寿司
ネット化で進むアメリカの報道改革
暖かくて可愛い
量産された指揮官機をデチューンしたカスタムタイプ
註がないから理解不能
お財布に入るサイズで嬉しい
3回使って破けた!ひどすぎる。
子どもの練習
犬用のトイレ廃止されました。不満。
この本が想定している読者にマッチしていればいい本だと思います
すごく簡単にきれいになる☆
色がいいと
The top rubber thing might slide out and get lost.
ここから始まる、記念すべき最初の魔法
少ない曲、タタコン反応悪い
キャンプツーリングで使用、値段も安いしとても良かった。
音が変わった
脆すぎる…けど、良い品ではある
人生を変えた一冊です
重厚な質感と繊細な切れ味が秀逸です
信頼出来そうです。
位置決めに難あり
巷で売ってないから困ってました。
匂いが強いのか
「いかに認識するか」が学びの本質だ!と気づかせる書
従来の充電気がしようできます
これは気に入りました
サポートセンターにつながらない
良くも悪くも普遍的・・・・・だがそれがいい!
新鮮なお色気が楽しめます
戻る