何を「未来への道標」とするか?
3.11以後、
新しい社会の価値観を模索する本は数多いですが、

この本に書かれている内容は、
僕にはとても納得できるものでした。

テレビを中心としたマスコミが、
こぞって経済拡大を宣伝し続け、

ひたすら効率を求め続けた結果が、
原発事故を引き起こしたのですが、

それでは、
経済拡大を求めない社会は可能なのかどうか?

金に目のない政治家やマスコミは、
あれだけの事故が起きて、

7万人の生活が奪われているにもかかわらず、
原発推進を続ける。

その理由こそ、
経済拡大を至上命題としているからですが、

実は世界の潮流は、
すでに経済拡大を疑問視しており、

拡大よりも、
持続可能な循環型社会への転換を模索しています。


そんな時代の変化を目の前にして、
僕らは何を指標にして、

新しい時代を迎えればいいのか、
必ずしも明確ではないと思っている。

実はこの本の執筆者自身も、
何を目指せばいいか明言はしませんが、

それでも明らかに、
全員が同じ方向を向いていることは、

読めば自然とわかってくるし、
そこに共感できるものがある。


特にセルジュ・ラトゥーシュの、
8つの再生プログラムや、

勝俣誠の「追いつかなくていい」多様な世界の発展、

アラン・カイエが言う、
価値観の転換は宗教的な変革との視点、

丸山真人の、
自然界全体の循環を見据えた経済学の必要!
あるいはマルク・アンベールの、
コンヴィヴィアリズムの捉え方など、

これからの時代に道標となる、
示唆に富んだ内容なのです。


多くの先験的頭脳が織りなす、
未来への道案内に、

人間の頼もしさを感じずにはいられない、
楽しい本でした。
脱成長の道―分かち合いの社会を創る

その他の感想

amazon梱包ではこれくらいの包装で十分
1番良い!
プログラミング初心者向けではないが、内容の濃い良書
手頃でちょうどいい
使用3日目にして効果がありました
前作より明らかに劣化してる
蓬莱の人の形の人の形
全身タイツ
アナザージャケット無しの顛末
あるとき、買っとけシリーズ。
重い、固い…
送料込み104円
粘着性はない。
なるほど!!!
そのとき歴史が動いた!!
丁寧なつくり、自然素材で安心。
反撃の巻
最初から最後まで絶対(的)に楽しめる極上の一枚
裁判の心得まで載っている、厄年パパのバイブル
安価で交換できました
UNIQLOいらず
とてもイイ、けど値段がねぇ~
セーラーマーズ
なんだか物足りない味でした
取り寄せじゃないと入手困難な本
サッパリ飲めます!
期待していたのと違った
錆?
ちょっぴり10代へタイムリープ
虚構と現実のはざまで……
戻る