好短編です(少々ネタバレあり)
 小説とすれば、
うまく書かれた好短編ということになるかもしれません。


 話としてもボーイ・ミーツ・ガール的な類型にのっとった一種の恋愛小説ということになるのでしょう(とはいっても熱く燃えるような恋愛を想像してはならず、
表面的にはなにも劇的なことは起こらない、
最後まで心理の手さぐりするようなやりとりに終始するだけの恋愛小説です)。

 そしてそこにヨーロッパ的なものとアメリカ的なものとの対立というような例のジェイムズ的な問題性をかさねて読むのがこの小説の批評の常套のようです。


 そういう意味で、
後期の難解なジェイムズの作品群にくらべて、
内容的にも読みやすくテーマ的にも分かりやすい作品といえましょう。


 小説は、
ヨーロッパに長く住むアメリカ人のウィンターボーンが視点人物となっていて、
かれの目で、
やはりアメリカから来た若く美しい女性デイジーがながめられ、
くりかえしかれの視点からデイジーの魅力が語られます。

 そのさい、
階級や身分にふさわしい立ち居ふるまいをもとめるヨーロッパ的な道徳規範をすでにある程度まで内面化してしまっているウィンターボーンは、
アメリカの町にいたときと同じような無邪気さで自由奔放にふるまうデイジーにとまどいながらも惹かれ、
惹かれつつもとまどうといった微妙な心理の揺れをみせます。


 その後、
最初の出会いがあったスイスから、
小説の舞台はイタリアへと移ってゆきます。

 イタリアで見せるデイジーの行動から、
しかしウィンターボーンの気持ちは徐々に、
そして決定的にデイジーから離れはじめるのですが、
まもなくデイジーにあるできごとが起こって、
物語はあわただしく幕切れとなります。


 ともあれ、
デイジーはあくまでウィンターボーンの視点からのみながめられるだけなので、
デイジーがじっさいウィンターボーンにどのような気持ちをもっていたのかけっきょく最後までわかりません。

 読者もこの小説を読むなかで、
ウィンターボーンといっしょになって、
デイジーに終始翻弄されつづけるというわけです。
デイジー・ミラー (新潮文庫)

その他の感想

地味だけどとても勉強になる。
変に飛んでる
全く問題ない
硬い!
今度の大全は、占術大全!
写真より白っぽくてさわやかな印象です。
いつ読みます・・・・・・・今でしょ!
幼稚園のお誕生会用
目的には使えませんでした。
もう少し安ければ.
折りたたみなのに、すぐ開けます!
惜しいです。
環境への視点
A fantastic introduction into the world of neuroscience and cultural psychology
数値やキーワードは気持ちの反映。お客様との距離を縮めたい方に。
分割部分が
ミニコンポの修理に
便利な道具です
最高ですねw
2巻も変わらず面白い。
ビジュアル集?
とても丁寧に作り方が書いてあります。
サイス、フィット感が良い
便利よね
くるねこワールド。
カバーは◎フィルムは全く使えない
ギャルっぽいメイクが多かった。
ネジの部分が弱い
感度いいです
腕立て伏せが楽しくなります
戻る