新しい農業論です
僕も新規就農した有機農家ですが、
これまでに広くいわれているような有機農業や有機農産物についてのイメージ(安心・安全・おいしい
)に対して「そうじゃあないところもあるなぁ」と感じていました。
ですが、
どこに違和感をかんじているのかうまく説明できずずっとモヤモヤしていました。

今回この本を読んで、
このモヤモヤがスッキリと晴れていくのを感じました。

また、
小規模農家がどのような経営戦略や戦術をとれば生き残りやすいかについても書かれていて、
ここもたいへん参考になり刺激を受けました。


農業者だけでなく、
野菜に関わるいろいろな分野の人にぜひ読んでもらいたい良書です。
キレイゴトぬきの農業論 (新潮新書)

その他の感想

新潟県三条市の製品。
まずはDisc3から!
高級感!!
ある程度の技量があれば必要ないレベル
もっといいのを買えばよかった
リーズナブルなので重宝しています
鳴きます
算数、数学復習の決定版!!
この表紙の絵も誰かさんの作品の寄せ集め??
おもちゃの王道!
誤植も多いですが
カズラ、イステリアへ行く
良い電池
医学系微生物学入門書
焚書図書が72年ぶりに甦る
フィジカルが痛い
禁煙の代理から
ジュースの割に水っぽい
収納が便利!
型落ち
マルクスの資本論読破への意欲をそそる
カワイイのですが
少し、思っていた物より小さめでした。
手を汚さず!
今季の特集でWAVファイルのタグ情報の思い違いが解りました。
写真などの保存に使っています
今だから本にできたノウハウ
光分配器に接続しました。
3台目
((o(^∇^)o))
戻る