経済学的な観点から、社会科学の基礎文献として使える。
経済学の見地から、
組織の基準や目的について記述されている。

あくまで総合的な記述になっていて、
具体的な局面や場面、
歴史的な場面を省いあることから、

経験的に何か具体的なデータをもっていて、
その分析の基軸やヒントがほしいなあ、
という
読み手にとっては、
さまざまなヒントが生まれるのではないか。

私のような、
初学者でもない本読みには面白いところが多です。
組織の限界 (ちくま学芸文庫)

その他の感想

骨盤矯正
なんとなくつかみどころがない・・
詰め込み過ぎですね
お手軽な観望と撮影に好適
見た目GOODです。
そこにあったのはやはり江國香織の世界
買って正解です!!
純正品よりも安く非常にコンパクト
日本語のガイドブックには、適当なものがない。
充実した企画の数々に見るワイアードの編集力
5の玉
YOSHIKI不在
ヒストリーブック
醸造学
文章の書き方の本の中で一番わかりやすい
カテゴリーではなくアイデンティティとしての性自認
楽しいTPSでした。
パッドの取付位置が後ろすぎて機能性がない
20ポンドを購入
とても良い買い物をしました
人格の枠組み形成という思春期
自分が見えてくる一冊
何でダウンロード出来ない?
タイトです。
水本提督もルーキー卒業か
畳が
スキーウェアの補修用に
日本の生んだヘレニストによる大著
本体は良いのですが・・・。
閉塞感と絶望感
戻る