専門家はもちろん、それ以外にもお勧めです。
英語学等の研究者にとっては必須本ですし、
それでいて一般人にもわかりやすい説明がされているので、
物は試しで、
という感覚でご購入いただくとよろしいかと思います、
「英文法」を考える―「文法」と「コミュニケーション」の間 (ちくま学芸文庫)

その他の感想

干し野菜にぴったり
離乳食に!
ないよりマシですが
火傷にも!
付属CDの不備
アナログ盤が発売されると知ってうれしかったです。
僕の医者の性格だと
プヨプヨでベコベコ
アメリカの世界戦略と日米同盟
なじむ?
テレビを見ていなくとも
もう少し詳しいといいのに。
お値段以上の本です
挿絵がなくても
ちゃんと(笑)
オーストラリアのホームステイで
軽く履きやすい
カスタマイズの第一歩
Oracleの管理者スキルに関心があり、面白かったです。
使って実感、本当にすごい
中のタグが小さく丸まっていた
基本の基本
比較文化的な視点に基づく推理小説のような仏教解釈
待っていました。コミックス化。
問題数も多く実用的
タイトルで有機野菜の本か?と思うなかれ
すぐに緩みます
弘法大師空海の素晴らしさを再認識。
街でいい靴だねと言われる
アイテムを除いた評価
戻る