我慢の上巻
上巻は「大審問官」まで。
兄イワンが弟アリョーシャに語る「大審問官」はドストエフスキーのキリスト教に対する考えを知るうえで最も重要と言われている部分。
多くの専門家が様々な解釈をしているようだが、
それほど深読みせずとも面白い。
個人的にはカトリックに対する痛烈な皮肉ともとれたが、
これは素人の読み方かもしれない。
父フョードルとドミートリイ、
イワン、
アリョーシャの三兄弟、
スメルジャコフ、
ゾシマ長老、
カテリーナ・イワーノヴナ、
グルーシェニカといった物語の中心となる人物が次々登場する。
一方で、
話題があちこちに飛んで錯綜する。
本筋が現れてこないと感じる。
カラマーゾフをなかなか読破できないという人のほとんどはこの上巻で挫折してしまうのではないか。
しかし上巻は今後の展開の伏線ともなっているので頑張って読もう。
上巻を読み通せば、
中・下巻は一気に読み通せる。
ロシア文学にあまりなじみのない人は、
ロシア人独特の名前の呼び方を整理してから読んだ方がいいと思う。
ドミートリイはドミートリイ・フョードロヴィチ(丁寧な呼びかけ。
父がフョードルなのでフョードルの息子ドミートリイという意味)だったりミーチャ(親しい間柄)だったり、
ミーチカ(もっと親しい)だったりします。
カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)

その他の感想

ポール取り付け部品のみです。
これはもう別の狩りゲーです
たまごっちで、ディズニーの世界観が楽しめる
掘り出し物ですよ
夏目雅子さんは永遠ですね。
アメリカで定番のグラフィックデザインヒストリーの本
内政は楽しい…
非常においしいです!
水平対向エンジンにベスト
我が家の定番☆
武士道としての実証的な“ハラキリ”の考察.
ノート作りのエッセンスが詰まっている。
通気性抜群!
スタンスミスの廉価版
クッション材のサイズが大きく(外周約20cm)、手首が細い方にはおすすめできません
世界初のソフトブーツ
洗車に欠かせないクリーナー&コーティング剤
必ずクランプの根本を掴んで動かすこと
著者は、自閉症の基礎研究者
フィーリングが重いが慣れるかな?
いつもどおり
広く浅い情報
GB-BXBT-2807で使用しています
英語勉強用に購入
よみがえる舞台「ムサシ」!
……???
ほんとに最低限しか入ってない
ソファーでワイヤレス使うのに便利
少し!
押すのに力が必要
戻る