顕微鏡、望遠鏡撮影用に改造しました。
顕微鏡の撮影のために購入。
値段も安いので半分「ダメモト」でした。

まず、
この機種を選んだ理由がデザイン。
Φ29.5mmの円筒形が本体。
何となく顕微鏡の鏡筒などの部品にマッチしそうと思った訳です。
はじめは無改造でコリメート法にて撮影しようとしましたが、
なぜかうまくいかず結局分解してレンズをはずしました。

クリップ&雲台パーツからはネジ一本で分離できます。
ただし細いトルクスネジでした。
幸い締めつけがそれほど強くないので、
六角レンチで注意深く回せばはずれます。
そして本体にも同様のトルクスネジが二本、
これをはずすと本体がぱかっとはずれて無事分解終了。
レンズは受像素子にタップが切ってあってヘリコイドでピント調節の仕組み。
ひたすら回せばレンズ部分がはずれます。
ただし、
赤外線カットのフィルターはレンズ側についてきます。
多分、
これをぺろっとはがしてレンズを復旧させれば赤外線カメラのできあがり!でしょう。

レンズをはずして、
手持ちの接眼レンズとの相性をトライ&エラーで試行錯誤。
結局、
ジャンクのCCDカメラ用接眼レンズでうまく撮影できました。
本体ケースの固定は純正のものは使わず、
汎用のセルフタップネジに変更。
本体はとても軽いので接眼レンズとの固定は電気テープをひと巻きしただけで十分。
ここで先述した本機の形状が生きてきます。

画質はそりゃ10万円程度の顕微鏡撮影専用カメラにはとても敵いませんが、
素人が趣味でゾウリムシを撮影するには十分。
若干、
画質が赤紫ぽくなります。
おそらく、
フィルターをはずしたせいでしょうが、
言われなければ気にならない程度だと思います。
小中学校の理科の授業ぐらいには十分使えると思います。
ただ、
医療研究レベルではちょっとお粗末な画質です。
本気で学会用などの撮影をするときは今まで通りデジタル一眼を使うでしょう。
それでもUSBで気軽に画像をパソコンに取り込めるメリットはあります。

ちなみにパソコンはMacとLinuxで追加ドライバなしで認識。
ソフトはVLCを使いました。

なお、
改造すればメーカー保証は当然なくなります。
改造はあくまで自己責任で行ってください。
【2011年モデル】ELECOM WEBカメラ 200万画素 1/4インチCMOSセンサ ガラスレンズ搭載 筒型 イヤホンマイク付 シルバー UCAM-DLA200HSV

その他の感想

航空祭で大活躍
多くの具体例と読み手への配慮がされた専門書
筋トレ中に飲んでいます
何回読んでも笑えます。
朽井迅三朗の戦略が、もの凄い。
特別編集シリーズは買いですね☆
使いやすいですが、品質がイマイチです
ナビについて
表紙のユートの活躍はないです。
アフターもバッチリ対応していただけました。
SAKEROCK最高!
アクションカメラとセットで購入
脇にそれた話が面白かったです
通常版と飲み比べて
信じる信じないは自己責任で
団塊おやじの感想
役に立ちそうですよ
電子レンジを使用する際にはモニターの電源は切ったほうがいいです。
起業を夢見る若者への良書、そして出資者にとっての目利きのガイド。
パッケージが間違っています。
ゲーム内での公式発表誤植など
でんぱ組.incの最大の試み。
戦時中の実話を織り込んだ長編小説,人の絆の暖かみ,人の縁は流れる水の如し...
MT-09には、ベストマッチ!
腎臓の構造、機能、腎臓の研究の歴史、病気について簡明に解説しています!
噂通りの洗浄力!
貼りやすいし透明度も高い
最初はすごくおもしろかった(過去形)
遅れてきたみもりんファン
箱でなかった
戻る