人と人をつなぐ、媒体としての「食べる。」
以前に、
偶然「食べる。
」の平松洋子さんの書評を見つけて以来、
ずっと読んでみたいと思っていた。

やっと昨日時間が出来たので読み始めたら、
一気に読んでしまった。
一気に食べきった!気分。


今、
世界中のどこにでも行けるし、
日本国内ですら食べられない世界の料理はないと思えるほど、
どんな料理も口にすることができる時代だ。
だから、
珍味の紹介本なら新しくも何ともない。
この本の中にも珍しい料理はたくさんでてくるが、
「食べる。
」は、
世界中の珍しい料理を紹介しているのではないことが、
読み進めるうちにわかってくる。

事前のアポも、
メールも電話も、
自己紹介すらもない。
そんな突然あらわれた1人の異国の人間が、
「食べながら」全く見ず知らずのコミュニティ―の中に迎え入れられていく。
その光景は、
一切の無駄なものを削ぎ落とした、
究極のコミュニケーション手段であるかのようだ。

あくまでも媒体としての食、
いや、
媒体としているのは料理そのものではなく、
著者の食べる、
という行為である。
異国で、
異人として…
いや、
そうではない。
日本で、
たとえば家族や友人と日本食を囲むときだって、
食べることは人と繋がる手段であるはずなのだ。
そのことを、
もう何年も忘れてきたような気がする。

この人の食べ方は、
野性的で、
情熱的で、
そして、
本気で食べることで、
相手に敬意をもって確かな何かを伝えるのだ。


久々に出会った珠玉のエッセイ、
静かに読みたい逸品である。
食べる。 (集英社文庫)

その他の感想

純正品より格安
Dカンなので脱着が容易
読みやすく面白いです
栽培してすぐは、出てこなかった
本当に良かった
カートリッジ
おどろいた!
MUY BUENO
結局、これがお気に入りです。
総論的に
発色に問題なし
これは使えます
電気工学の専門家にも薦めたい本
アメリカン・スナイパー
美味しそうに食べてたけど…
é-"éa
安い 健康的 意外にイケる 痩せるらしい
総合カタログ・・・?いいえ天然砥石+α大工道具です
必需品のこの1本
車のハンドルで言う所の「遊び」があります
大人がうれしい。
性能に感謝
一刀両断、辛口解決?!
Web開発の心構え
40代リアルタイム世代
試験勉強に役立ちました。
コンパクトな働き者
HoneyWorksさんの三部作が小説化
モンハン用
大切な人と、二人っきりでの大切な時間にぜひ・・・♪
戻る