人と人をつなぐ、媒体としての「食べる。」
以前に、
偶然「食べる。
」の平松洋子さんの書評を見つけて以来、
ずっと読んでみたいと思っていた。

やっと昨日時間が出来たので読み始めたら、
一気に読んでしまった。
一気に食べきった!気分。


今、
世界中のどこにでも行けるし、
日本国内ですら食べられない世界の料理はないと思えるほど、
どんな料理も口にすることができる時代だ。
だから、
珍味の紹介本なら新しくも何ともない。
この本の中にも珍しい料理はたくさんでてくるが、
「食べる。
」は、
世界中の珍しい料理を紹介しているのではないことが、
読み進めるうちにわかってくる。

事前のアポも、
メールも電話も、
自己紹介すらもない。
そんな突然あらわれた1人の異国の人間が、
「食べながら」全く見ず知らずのコミュニティ―の中に迎え入れられていく。
その光景は、
一切の無駄なものを削ぎ落とした、
究極のコミュニケーション手段であるかのようだ。

あくまでも媒体としての食、
いや、
媒体としているのは料理そのものではなく、
著者の食べる、
という行為である。
異国で、
異人として…
いや、
そうではない。
日本で、
たとえば家族や友人と日本食を囲むときだって、
食べることは人と繋がる手段であるはずなのだ。
そのことを、
もう何年も忘れてきたような気がする。

この人の食べ方は、
野性的で、
情熱的で、
そして、
本気で食べることで、
相手に敬意をもって確かな何かを伝えるのだ。


久々に出会った珠玉のエッセイ、
静かに読みたい逸品である。
食べる。 (集英社文庫)

その他の感想

地味ですが、引き込まれます。
読むなら今でしょ、本!
これが写真集の究極形!!!
今回は・・・
3姉妹すき!
子どもの工作に使用しました
夢のかたち
フラワーレメディ愛飲しています☆
乗るだけで測定は便利
やや細身のつくりか?
これからCreateJSを始めたい方にオススメ
糖尿病あなたに合った治療(別冊NHKきょうの健康)
便利でかわいい♪
ドライフートとの絡み具合がいい
生きることは装うこと
価格相応の商品ですね
そのまま活用しやすい。自分のダメなポイントに気付ける。
特に違和感なし。
やっと動作するeSATAのExpressCardを見つけた!
ビギナー向けの教科書
大きめの作りですね
定本中の定本
要望
シェーバー選びに迷ったらまずはこの機種から
結構効く
動憤には必需品
低コストで気楽にデジタル化
簡単設置、簡単撤収。値段以上の商品だと思います・
久しぶりの自転車購入
キラーチューンから行間を縫うような曲まで、最高の作品
戻る