作者が魔性にまで言及した試み
私の中では司馬作品のベスト3に入ります。
ハードカバーは「司馬遼太郎 全舞台」の中に収録されますが、
生涯愛蔵するつもりです。

司馬さんによるあとがきにもありますが、
著者自身が本戯曲を書きながら、
作品の持つ魔性に取りつかれ、
恐懼を覚えていたことなど、
本文のみならず、
作品ノートや資料についても、
幻想的な味わいがありました。
第四幕の義政と富子のやりとりは、
古今の、
東西の、
歴史に残る名戯曲に劣ることは無いと思ってます。

浅田次郎さんの蒼穹の昴シリーズ中の李春雲やその他登場人物による独白シーンは、
小説史に残る名場面かと思いますが、
富子のそれも、
同じように、
読者に衝撃、
感興を与えてくれると思います。

義政の富子に対する「わしの唯一の兵法」のくだり、
色々な思いが去来し、
しばし陶然としてしまいました。
花の館・鬼灯 (中公文庫 (し6-37))

その他の感想

アルバムとして使用
なかなか便利ですが!
【本編の内容に触れています】劇場版でオリジナルでTV版の良いイメージを継承していると思う
グッッッド!
スポーツドリンクに対応
前からよく食べてます
Beyond a detective story
小さな幸せの積み重ね
なかなか貴重なケーブルです
パネルの色を設定できるのが良いですね
マルタ旅行に際して
手あかが付くまで、ぼろぼろになるまで
取り外す場合ならいいと思います。
とっても気に入りました!!
可愛いけど生地が。
低コストで自宅でお店の味が!友人を招いた時のランチメニューの定番に。
六甲おろし
まさかのヨメ候補!
デスク用途に最適のタイマー
これまた使い易い
フィットし過ぎ
靴の構造に配慮がない
公式を導出する過程が丁寧
紙系のゴミ専用のゴミ箱として
ピアスのはずなのに
何回か読むとわかってきた
首の凝りが楽に
YAMAHA TDR125EU
どん兵衛シリーズで一番美味い
シンプルで良い。
戻る