分析対象としては普通だけど、分析内容に様々な工夫が光る
タイトルには「スマホゲーム」と冠していますが、
いわゆるソーシャルゲームのデータ分析業務に関するノウハウの紹介です。

Android/iOSアプリになったからといって劇的に分析対象が変わるわけでもなく、
同業他社ならどこでもやってそうな内容。

(DAUやARPPUなどといった基礎的なKPIを集計したり、
クエストやガチャなどといったゲーム内の要素のログを解析するなど)

本書を読んでいて参考になったり好感が持てた箇所は、
下記になります。


 ・統計学や経済学の基礎を大切にして、
その上で工夫している印象を受けたこと
  (きちんと「尺度」や「分布」を説明したり、
特定重課金者への依存度を表すのにジニ係数を応用したりするなど)
 ・AWS、
fluentd、
MessagePack、
Pentahoなどといった技術要素の使いどころが分かりやすく紹介されていること
 ・Pythonを採用した理由の「データ分析関連で使用するプログラミング言語を分散しさせたくない」というのが
  いたずらに技術を追いかけずに技術戦略を考えているのだなと好感が持てたこと
 ・「チュートリアル達成率」など、
具体的なKPI指標について分析用のプログラムやテーブル構成が具体的に例示されていること

一方で、
上記の最後に挙げた具体例について、
データのサンプルが示されていないことが気になりました。

さすがに運営しているサービスの実データを示すことは出来ないでしょうが、
実務経験の無い初心者には
ダミーでもいいのでデータの具体例があった方が理解しやすいのではないかなと思いました。
データ分析が支えるスマホゲーム開発 ~ユーザー動向から見えてくるアプリケーションの姿~

その他の感想

やっと人感センサー+調光器具に適合した・・・
高い!
これもtakumi
とても奥深い内容
ちょっとタイトル負けしてる気も、、。
脆すぎる…けど、良い品ではある
少スペース保管
形が素敵
ホームビデオ感
動機づけと能力のマトリックス図は必見
使用して3週間
発達障害に絶望する必要は全くない
展開にハラハラしっぱなしです!
旨みも少し感じるおいしい砂糖です
さすがadidas
リニューアル新製品になって
ファラーリー最高
色と柄もかわいい
かっこよかったです
小竹由美子さんの優れた翻訳
人工知能の記事が載っていた。
送られてくる商品のバルブは米式です。
今の時代にはそぐわない
他社との比較が無い、客観的な記述も無い、とにかく具体的で無い
通販の生活がとても楽になりました(カメラ電池切れの追記有)
事例の登場人物は素晴らしいが、著者に常識と筆力が無いのが残念
自宅内でスマホの音楽を今まで以上に楽しめます!
ゴージャスです。
猿のごとく読み、人のごとく考える・その184・177冊目
共産主義という思想
戻る