死を賭してまで守るものは何かについて考えさせる小説
1957年に出版された長編小説。
本文は609ページと長い印象だが、
一つ一つの場面が短いので飽きずに数日で楽に読み終えることができる。
1955年に起きたナイロンザイル切断事件が題材で、
こちらは現在解決済みであるが事件の詳細を知ると小説の興味が失われるので実際の事件の顛末は読後に確かめることを薦める。
また、
舞台は穂高岳であり、
山の写真などあると情景描写に共感が得られる利点はあるが、
山の紹介文には本小説の結末が書かれてあったりするので注意が必要。
登山家の魚津恭太が主人公で一緒に山に登った小坂乙彦のザイルが切れた原因と、
小坂が片思いの人妻八代美那子に魚津も魅かれていくという二つのテーマがある。
美那子の年長の夫、
教之助は科学者で社長。
ふたりが何故結婚するに至ったかは不明で、
美奈子は夫に入れるコーヒーカップに凝ってみたり、
お茶の入れ方を工夫したり、
料理を気にかけたりと繊細なところをみせるのだが夫の仕事の理解はない。
夫の美奈子に対する態度は女中か家政婦に近く、
時に嫉妬をみせるものの、
基本的には妻と離れたほうが落ち着くタイプ。
解説にあるように美奈子は「都会の人工性につながれた存在p630」で、
この夫婦が何故離婚せずにいるのか、
特に魚津に魅かれる美奈子については疑問であるが、
社長夫人という平安な「人生をおりた人=遁世p624」のような生活は、
実際は人生と闘う必要がないので理想的かもしれない。
ただ、
これが魚津や小坂の命と秤にかけてでも守る生活なのかという点には美奈子の関心はない。
魚津は、
登山家としての小坂を信頼し、
自分の信ずるところ(時に「神」という表現を用いる)を人が信じてくれずに苦悩する。
そんな中で、
小坂の妹、
かおるだけは無条件に魚津を信じて愛するのだが、
それに救われつつも、
魚津の心は美奈子にある。
魚津は自然を愛し自分の信じるところ、
信じる道のために死を賭してまでに「反抗p624」していくところは魅力的であるが、
小坂かおるを愛することが将来できるであろう想定のもとに結婚を考えるのは短絡的で、
八代らと同様の愛のない結婚に至る可能性などは一顧にしない。
人に惚れることは理屈ではいかないので、
うまく事が運ばないということもあるが、
本小説の恋愛感情は、
外見に由来するものが殆どで、
相手を人物としてその中身から愛しているのは、
かおるのみ。
本小説のように死が描かれるときに、
自分の命を、
一生を犠牲に
氷壁 (新潮文庫)

その他の感想

家族で自撮り、バウンスで子供撮り、ポータブルな一眼画質カメラ
キャスターも普通に写真集を出す時代になったのだと驚く。
効果あり!結果でてますv
表紙の犬が可愛いすぎなんですが
慣れが必要かも
チラリズムのキセキ
2年で2足(1年交換)使用しての感想です
ハズkルーPart3
とてもお得な買物でした。
AppleWatchを充電しながら保護、携行するため
モノは悪くないが・・・
可愛いソックスです
加工に難点がある
事故にもつながる・・・
結局エラーディスク有り。。その後も。。
練習用には最適かな
繋ぎには
脅威です
抜群のCP
着心地良くて”
あの日前田智徳と
もう少し軽量なら
アイロン好きに
中身が変わっている
楽しい
とても、気に入りました。最高。。。
楽園。
ん~ 旅行記としてはあんまり・・・かな
かわいいです
戻る