ともあれ20世紀はニーチェの時代であった
ミシェル・フーコーは「僕はたんなるニーチェ主義者です。
ニーチェ研究ノートだけで数トンあります。
」と言った。


ニーチェははじめから最後まで古典文献学者であった。


フーコーはその語り口を徹底的に学んだと言いたいらしい。


1900年この年、


20世紀がはじまり、
トルストイは小説「復活」で花火を打ち上げ西暦1900年を祝った。


ニーチェが亡くなった。


ニーチェ、
フロイト、
フッサール、
現代思想の教祖たちが一斉に立ち上がった奇跡のような19世紀末、
20世紀の幕開けであった。


比較すれば21世紀凡人たちの世紀のはじまりはなんと寂しくあわれな時代であろう。


ともあれ20世紀はニーチェの時代であった。


「神は死んだ」のである。


ニーチェ、
精神統合失調気味のこの男の言うことの脈絡のなさに「ニーチェを知る事典」を手引きとしなければならない。


それでもまだ、
800ページ、
我が国のニーチェ研究家40人が縦横無尽に語り尽くしてまだ語りきれぬこの怪物の正体が見えない。
ニーチェを知る事典 (ちくま学芸文庫)

その他の感想

見た目以上の暖かさです。
満足^o^
子供が自ら学べる
気を付けて!完全な偽物です!
6ヶ月の今でも活躍してます!
電磁気学を学ばれる方に
車のボンネット内に最適
『われらすべて死すべき運命』は、うそじゃないと信じたい。
ザスルメゲー
初めて写経をする人にうってつけだと思います。
意外と小さい形状ですが、十分に明るいです
18ヶ月使ってみました
これだいすき
率直に食べた感想
効果あると思います。
欲しかった機能が揃っています。
深夜放送だけど
厚い、装丁が綺麗、キャラも沢山
続 みちのく見仏旅
ユーザーインターフェイスが煩雑すぎる
こしもしっかりしていて美味しいです
飛び道具には基本が大事
これ使えない
必需品
靴下などに
大前さんの一面が見れて面白い。
リーズナブルです。
結構、美味しかった。
大人が読んでも気付きが得られる良書
描き下ろしはない。
戻る