そのとき歴史が動いた!!
 …NHKさんごめんなさい。

 富士重工の田島敏弘社長(当時)は新型エンジンの生産ラインを作ったばかりなのにも拘わらず、
更に新型のエンジン「EJ20」の生産を許可した。
エンジンの生産ラインの新設には多額の設備投資を要する。
そのとき歴史が動いた!!。
田島社長の英断がなければ、
レガシィもインプレッサもフォレスターも現在とは違ったものになっていたのかも…。
ちなみに田島社長はこのときに出した赤字を引責する形で更迭される。

 スバルがWRCに本格参戦するにあたり、
現地の「ラリー屋」とコンビを組むことになるのだが、
その相手とは当時無名のプロドライブだった。
そのとき歴史が動いた!!。
スバルはラリーで勝ってクルマを売ろうと考えていたし、
プロドライブは「勝てる」自動車メーカーを物色中だった。
共に無名だが野心溢れる両者は手に手を取り合い、
後に世界を制することになる。

 スバルがWRCに本格参戦するにあたり、
起用したドライバーはマルク・アレンだった。
「無冠の帝王」と呼ばれタイトルの獲得こそなかったものの紛れもないトップドライバーであるアレンが駆け出しのスバル=プロドライブに賭けてくれるとは…。
そのとき歴史が動いた!!。
フィアットやランチャなどに在籍し「勝てるクルマ」を知りつくしているアレンはレガシィが「勝てるクルマ」になるために足りないモノを的確に指摘した。
その結果、
レガシィは短期間で「勝てるクルマ」(というか「勝てる可能性のあるクルマ」)に急成長してゆく。

 アレンが育てたレガシィを受け継いだのは、
これまた無名だが野心溢れるコリン・マクレーだった。
そのとき歴史が動いた!!。
閃くような速さと危うさを兼ね備えたマクレーは天性のスターで、
レガシィを「存分に」速く走らせることができた。
彼の行くところには後に数々の碑が立ち並ぶこととなる…。
スバル=プロドライブとマクレーは互いに最も伸びる時期に互いを必要とし、
手に手を取り合い成長したのである。
RALLY CARS Vol.6 スバル・レガシィRS

その他の感想

理論(確率論)と実践の融合
初心者注意
スイングに悩むゴルファーへの一つの提案?
短パツンロッド
タイトルで
使い勝手良く!
表面が硬くてしっかりしています。
4倍速が普通になったが信頼性はキープしたい
まさに親孝行の「バイブル」です。
不良品…
わが心に、光を投げかけてくれた物語
お礼として贈ったお品です
安くてもさすが日本製
優秀なRAID ケース
清潔感あっていいですね白
かわいくて、品のあるお花です
「偶然会ったよツンツンは〜♪」
価格に見合う内容を・・・
停電で安心できます
まさにダイエットと腰痛コルセットを両立した完璧サポーター
マフラー交換時のアレ
土踏まずがポイント
そうだったのかと目からうろこ!
なんとかな
直販で、早い・安い・なかなか良い
最高!!
本作はCO-OP特化型FPSです!!
分厚すぎる!
具体的で説得力あります。もっと早くに読みたかった!!
ダイヤルの初期設定が!
戻る