寄付とビジネスの中間という選択
寄付では貧困の解決にはならない。
市民が自立し、
継続可能な経済活動に身を置いてこそ、
貧困からの脱出になるからである。

商売で市民から富を搾取してはならない。
当然である。
しかし、
ビジネスのセンス、
力がなければ人に頼ってばかりである。
そんな状態では人を助けることなどできない。


両者の中間をとる社会企業という選択を本書は示してくれた。
まさに目からうろこである。
今までは、
ビジネスで成功した人間が、
その人生のサイドストーリーとして社会事業に名乗りを上げることが、
社会の貧困をなくす道であると思っていた。
それほどまでに大きい問題であるからだ。
しかし、
本書はビジネスをしながら貧困をなくす方法を教えてくれた。


どうすれば貧困をなくすために、
寄付とビジネスの中間という選択肢を取ることができるのだろうか?
それはほんの少しのアイデアと、
情熱と、
運である。


まぁ、
それらをすべてそろえるのが最も難しいのだが・・・
チェンジメーカー~社会起業家が世の中を変える

その他の感想

マリラ世代のあたなにお薦め!
分かりやすくていいです。
なんだこのうまさは…
とても良いです。おやつを超えたおやつ。
非常用として購入しました
かわいらしい絵にニコニコ
安定してます。
fax電話に常備されてしかるべきもの、パナソニックに文句を言いたい。
普通のチョークボールでした
何故か海では
カッコイイ人いますよ。
渡部昇一が振り返る過去一年のニッポンの懸案。ウンチクはやはり力。
暖かい思い出がよみがえる本
「私がその企業の社長だったら」という発想が身に付くケーススタディ集
品質が、とってもいい!
初購入(バターコーヒー用)
あと15センチくらい長いとなお良かった
商品に問題あり
有名キルト雑誌に飽きた人に。
軽くて着やすい
amazonにて購入
インディ最高!
品質最悪。まさしく最低のチャイナ・クオリティー。
これは素晴らしい本です!
「一発逆転」を狙って、600点を取ってみようという気になれる本でした。
弾きやすい!!!
汁の味がかなり濃い目→自身でお湯の量を増やして調整すればOK
関知度が抜群です。
きつくないところが いいです。
美術展用として利用
戻る