ラストが秀逸
学校の怪談をみんなで作ってそれを広めるところから、
その怪談が現実のものになっていき・・・と、
いかにも「怖い話」って感じで面白いです。

いつもの三人だけでなく、
怪談メンバーが多いところも好きです。

特に、
怪談が以前にも学校で噂されていたとわかるところはわくわくしますし、
ラストの伏線にもなっています。

次々と起こる怪談に、
最後一体どうやって収拾をつけるのかと思いましたが、
なるほど!
児童書らしい演出になぜかいつも感極まり泣きそうになります。

ズッコケはいつもお話の締め方が良いですね。
最後のページ、
最後の文章から那須正幹の才能が感じられる気がします。


未来報告より後の作品では一番好きです。
ズッコケ三人組と学校の怪談 (ズッコケ文庫)

その他の感想

割れてんだけど・・・・・
これは安くて良い
使われているチップはルネサス製でした
付録は残念
予想を超えた仕様。画質も音質も良かった。
初めてのけん玉
とっても素敵な音色です!!
プレス面がきれい
便利縲鰀
ふぇぇぇ
すごく参考になりました!!ベンチャー経営者は絶対読むべき!
最高!素晴らしい!
気持ちがいい
これはかなり気に入りました
値段の割に満足
コスパも味も良し
つい買ってしまいます。
「白木四原則」
『21世紀の資本』の監修者の手による『21世紀の資本』の解説マンガ本
ここまで酷いとは…
気に入っています★
まさに人工甘味料
本を読むのは苦手
たくさん入っていてお得
「資本論」ツアーへの準備運動
カメラ用に
キャンプに最適でした。
つなぐ気持ち
大きな問題は無いと思う
適度な重さ 独特の質感
戻る