ラストが秀逸
学校の怪談をみんなで作ってそれを広めるところから、
その怪談が現実のものになっていき・・・と、
いかにも「怖い話」って感じで面白いです。

いつもの三人だけでなく、
怪談メンバーが多いところも好きです。

特に、
怪談が以前にも学校で噂されていたとわかるところはわくわくしますし、
ラストの伏線にもなっています。

次々と起こる怪談に、
最後一体どうやって収拾をつけるのかと思いましたが、
なるほど!
児童書らしい演出になぜかいつも感極まり泣きそうになります。

ズッコケはいつもお話の締め方が良いですね。
最後のページ、
最後の文章から那須正幹の才能が感じられる気がします。


未来報告より後の作品では一番好きです。
ズッコケ三人組と学校の怪談 (ズッコケ文庫)

その他の感想

時代の先を行く
本当に一日中もつ!!!
難易度が高く新要素が少ない
さらに濃厚になった改訂増補版。少し高くなった分内容はさらに充実。
コンセプトアルバムとしては100点だけど
サイズ明記は重要
規格(寸法)が違うのでは?
表紙のポップさからは想像もつかない効果
絵は荒いが読ませるストーリー
文庫版で読めるのは幸せ。単なる読み物としても面白い。さすが3000年の重み。
ワクワクも束の間・・・。
一気に読める本です。
毎日たったの30分ほどのトレーニングで
良いのでは!(安いし!)
この値段
授業を活性化する具体的ヒント集、一冊手元に置いておきたい
保管用の袋が欲しかった
本編プラス単独カウントダウン公演
漂流の危険あり。
it is still been there waiting for the new baby, it looks good.
食後の必需品
抜き差しが便利。
軽くて暖かい
いいね!と声をかけられました。
型が変で違和感がある。
幼児期に学ぶべきこと
旅行が楽しみに!
時折どこからでも読み返せて参詣気分に
気休め程度かもしれない
日本で買うとこの値段ですが・・・
戻る