3冊目のバイブル
久しぶりに楽しく、
有益なソロキャンプの本とめぐり逢えた。
迷わず電子版を選び、
タブレットに収めたのは、
街にあって、
ふと、
アウトドア心に火がついたときに即刻フィールド気分を味わいたかったからだ。


若いころ、
芦沢一洋さんの『バックパッキング入門』に衝撃を受け、
コリン・フレッチャー『遊歩大全』とともに2冊をバイブルとし、
雑誌『Outdoor』をむさぼり読んできたぼくにとって、
バックパッカー・堀田貴之さんはずっとまぶしいほどの存在である。

堀田さんのすばらしさは、
日本という風土にとけこんだバックパッキングの旅を楽しんでいる姿である。
しかも、
衣食住のすべてにおいて個性的だ。
いや、
センスが光る。


バックパッキングの旅は道具を使う喜びでもある。
堀田さんが開発したムササビウイングも遊歩を主としたソロキャンプにはもってこいだし、
スリーピングバッグをはじめ、
使っている道具類の考え方はおおいに参考になってきた。

とりわけ調理用のコンパクトストーブにガソリン燃料を使う気持ちは同感だ。
ぼくにとっては堀田さんと同じスベア123であり、
基本構造が同じオプティマス8Rである。
ときどき火だるまになるが、
コールマンのピークワン・ストーブや、
オートキャンプとやらで定番のツーバーナーだって例外ではない。
それがわかって使えばいいだけのことだ。


堀田さんも書いているように、
スベアは構造が単純明快だから故障して使えなくなる心配がまずない。
これがどれだけありがたいかは、
キャンプで調理用ストーブが故障で使えなくなった経験をするとよくわかる。

ガソリン燃料のストーブやランタンは、
プレヒートやポンピングという儀式が不可欠だ。
この面倒が、
焚火の着火にいたるまでのプロセス同様なんとも捨てがたい。

暮れなずむフィールドで、
柄のわりに大きな燃焼音が力強く、
頼もしい。
これは、
堀田さんばかりでなく、
芦沢さんもたしかエッセーに書いていた。


堀田さんをつくづくうらやましいと思うのが、
ギターやウクレレ、
バンジョーのいずれかを持参しての旅を楽しむ余裕である。
そうした楽器を演奏できないぼくはハーモニカを旅の友としているが、
だれかに聞かれてしまうと恥ずかしい腕なのでめったに吹かない。
一人を楽しむソロキャンプのすすめ 〜もう一歩先の旅に出かけよう〜

その他の感想

必ず印刷位置テストをしてから!
安心です。
入門書以下
新聞では分からない内幕情報が満載の一冊!
Sexy Zoneの魅力がギュッと詰まってる!!
全編にわたる暑苦しさが、良い
藤原新也
部屋干しの臭い発生は少ない
元気が貰えます!
気を付けて!!
Slyの描いた理想的な世界
一発合格できます!
この本は全ての人が目を通しておくべき本です。
さすがFJです
化粧下地について
意外と早かった
目に見えない「風貌」
質問の本質をついた良書。
アドビCSでも問題なく使えて非常に良いです。
さすが純正
とても面白い!
お値段通りの満足感。
思ったより小さかった
堅牢性があり,品位も高い
送料無料で助かりました
これはまた
カッターの切れ具合
あまりにも良くって、ひっくり返りそうになる!
BBQ
約束されたもの
戻る