明暗分かれる姉妹・好き嫌いが明白に分かれる話
ドメスティック…という名の通り、
家庭内の恋愛を描いた作品です。

主なヒロインは父親の再婚相手の連れ子の姉と妹、
本当に明暗はっきり分かれる姉妹だなーと思います。
(2人は普通に仲のいい姉妹だけど)
気になる展開…はあまりない、
普通にどっちとくっつくのかな?という意味で気になって最新話まで読んでしまった上での感想です。

1話からヒロインと一線を超えるというかつてない展開から始まる漫画です。
(普通はゴールなのに…)

姉は主人公の学校の先生で、
大人の恋愛?というか姉も不倫してたり、
最終的に主人公(生徒)と付き合って学校にバレて突如主人公の前から失踪するとか、
まぁどちらかというと禁忌的な恋愛です。

しかし、
本人の性格は明るいのでそこまで悲観的ではないですが、
個人的には年も年だから時々服装が大学生のノリだったりするのが少し気になります。


妹は主人公の初体験の相手で、
その初めて会ったその日にやっちゃった…事以外は、
割りと普通の恋愛です。

姉と別れた主人公を慰めたり、
アメリカ人っぽいライバルが出て来たり、
好きだの嫌いだのを繰り返して付き合うという感じです。
本人の性格は最初はちょっと引っ込み思案、
でも主人公と触れ合ううちに明るく可愛く元気よく!なっていくという王道少女漫画的なノリですね。


そんな禁忌的な姉と、
年相応の妹と主人公は結局どっちとくっつくのか…。

そもそも義理の姉妹なのでどっちも戸籍的にはダメなんでしょうけど、
それはそれでどうするのか。

そして、
主人公は夢である小説家になれるのか。
(激しくどうでもいい)
作中は、
ん?というようなサービスシーンが多々あったり、
色々とありえなかったり、
姉の不倫は何か生々しいというかちょっとリアルだし、
最新話ぐらいはずーっと妹のターンでこのまま妹と結ばれたまま連載は終了するのか、
姉の巻き返しはあるのか無いのか、
とりあえず気になります。


まぁ、
主人公は正直見ててイライラ、
イライラするので好き嫌いが分かれると思います。

姉が好きなら展開的には残念で、
妹が好きなら展開的にはYahoo!な感じですね。
ドメスティックな彼女(1) (週刊少年マガジンコミックス)

その他の感想

組み立てる際、ちょっと大変かも
予想より早く到着しました。
コーキング用に
私たちも既に取り組んでいます
ちょっと頼りないけど、補助錠としての役目は果たしてくれています
品質は非常に良いです
ちょっとした贈り物にもいいかもしれません
手軽にいい音が身近で
ケースによっては加工要
とうとう映像作品のアーカイヴ・シリーズ発表へ(第1弾:ハンプトン1981年)
懐かしさと、新たな刺激と −1975年以降の時代と写真−
価格なりですな
信頼性から
常備品です。
今のところ大満足です、問題なし
アイカラーが気に入りました。
冬物を大量に自宅洗い(*^。^*)
見てるだけでも楽しい!
ステキな若者達
Accessっぽいデータベースソフトが作れるようになる
日々勉強
どれもおいしく簡単で、必携の一冊です。
厨二病万歳!
私だけかな?
何と言っても唇が荒れない!
安くても機能を果たせば充分です
山にはまりはじめた人に待ってました!の一冊
練習用には…
驚愕!
収録内容について
戻る