首都圏の地盤沈下を止めた立役者が著した水文学の本
1971年に当時の美濃部都知事と共に記者発表を行い、

いわゆる地下水揚水規制の流れを作った立役者が書いた
Hydrology (日本語訳:水文学)についての素人向け
解説本です。
1992年にNHK出版より刊行された
『地下水の世界』に加筆、
訂正されたものだそうです。


二股に分かれた棒状のもので水脈を探知するダウジングと
呼ばれる科学的には?(しかし、
西洋では長い伝統があり
弘法大師も行ったという言い伝えがある)なものから、

印旛沼にあった佐久知穴と呼ばれる地下水の噴出孔の話、

地下水位の変化による地震予知、
著者が旅した世界各地の
ミネラルウオーターの成分比較、
果ては、
大岡昇平の
『武蔵野夫人』からの引用など、
素人でもとっつきやすい
話題を散りばめながら、
地下水の流速、
時間の経過と共に
変わる地下水の成分、
地下水の年代測定法、
時に地表に
噴出したりする地下水を支配する《地下水ポテンシャル》の
概念を説明していきます。


事例として、
首都圏の地形についても記述されているので、

地形に興味がある方にもお勧めです
地下水と地形の科学 水文学入門 (講談社学術文庫)

その他の感想

レース模様の再現に
かなりボリューミー。つまみ読みをおすすめ。
眠れない夜のために
キリストに心を向かせてくれる本
ひも理論は宇宙のすべてを説明する究極理論になりうるか?
ルータなどをすっきり収納したいけど熱暴走も気になるという方に
滲みがある程度軽減されているが、2本のケーブルが必要
タイトルはヘコヘコだが,切れ味鋭い短編集
雨、風、凌げます。
中古でバカ高いオリジナル買うより、絶対こっちの方が良い。
一度使えば、これがないと・・・
初心者の「ガイド」になってない
情報が古いのが残念
返事遅れてすいません。
やっと届いた進撃の…スケジュール帳
端までマットが
ホッチキスは180度開くものが必要です
面白かったと思います
商品自体は良いと思います
今も現役バリバリです。
電子書籍端末で最高峰の出来栄え
2が出てほしいなぁ
ついに100lm/W超え、エコです
友達にあげた
読みやすいし、共感できる
愛おしい子供たち
フックです。二個セットです。
ちょっとがっかり。。。
夏もにおわない
早速護ってもらいました
戻る