シェアリングエコノミーへの道筋
ここでは「信用の新世紀」の内容を受けて、
新自由主義からシェアリングエコノミーへの移行戦略について考えていきます。


シェアリングエコノミーとは、
情報通信を介した物々交換=贈与経済のことです。
それは限界費用ゼロ社会であり貨幣経済の衰退を意味します。
今後、
通貨改革の手段として仮想通貨の役割が増大するでしょう。
それと並行してAIが普及しシェアリングエコノミーが進展するものと思われます。


しかしこのままだとシェアリングエコノミーは、
Uberに代表される独占的プラットホーム(ネット仲介屋)が、
自営業扱いの請負労働者を仕事のある時間だけスマホでピックアップし、
賃金は出来高払いという新手の搾取制度の変名になる可能性が大きいと言わざるを得ません。
大多数の人々は3つか4つの独占的プラットホーム企業で社会保障も労働三権も無い請負労働をかけ持ちし、
スズメの涙ほどの一時金手当を国から支給され最低限度の暮らしを送るというのが、
考えられるシナリオです。
このシナリオ通り進むなら、
仮想通貨も中央銀行に統制され経済取引監視の手段となるでしょう。
「シェアリングエコノミー」(アルン・スンドララジャン) 日経BP社では、
こうならないよう独占的プラットホームの労働者協同組合化を提案しています。
しかしそれができるなら、
今頃アマゾンもフェイスブックも協同組合になっているはずです。
ベーシックインカムと通貨を市民の手に取り戻す通貨改革運動こそが、
シェアリングエコノミーの扉を開く鍵を握っています。


●数多くの個人、
企業、
地方自治体が仮想通貨を発行し独自の経済圏を作ることで、
信用創造、
法定通貨、
為替取引を使った搾取を無効化させること
●ベーシックインカムを実現する中で、
「より速くより大量に」「働かざる者食うべからず」「借りた金は返す」といった、
資本主義に順応させるため内面化された労働倫理を打ち破ること
●閉鎖的で発行上限のない仮想通貨の発行で電脳空間を支配し、
搾取を継続しようとする銀行や企業のボイコットを行うこと
●負債の支払い免除を要求すること
信用の新世紀  ブロックチェーン後の未来 (NextPublishing)

その他の感想

定番のハードカバー
あきちゃん
高くても買うしかない
小径車に
トランポリンとセットで買うとお金が…。
そんなことはない
間違いが多すぎます。
淡い色合いの大人カラー色辞典
USBメモリもずいぶん安くなりました
断線しました
浴室用に購入
初心者は要注意
プロ仕様
ポケモンの曲はいいものづくし!
資格試験攻略は理解より暗記。試験に受かる暗記方法に特化したおすすめ本。
帰ってきた。
鉄ちゃんの必須アイテム?
びったし
コールマンをスノーピークにバージョンアップ
やっぱりかわいい♪
ソロのギターの楽しみ方を分かってる人にお勧めです。
バドミントンラケットが2本入ります。
ネジとナットはステンレス製に交換推奨
生地がしっかりしてます。
非常に参考になりました。
海水浴、軽いキャンプに良い
御守……程度に
腕立て伏せ
コスパ最高!暖かさと吸水・速乾性はピカイチ
まとめて読むとまた違う
戻る