ニューヨークでなくても? いや、やはり読み続けたいニューヨーク
ニューヨークに水が合って暮らしている作者の生活感や楽しさが伝わってきます。

更新を楽しみにしているブログ、
という感覚に近い感じ。


でも「ニューヨークならでは」という物珍しさではなくて、

日常の淡々とした丁寧な描写が好ましい。

そういう意味ではニューヨークでなくても、

才能溢れる近藤聡乃さんならどこに住んでいても描けそうな気もしますが、

こうして続いているのは、
伴侶と巡り合った場所であるとともに、

やはりニューヨークという都市の魅力なんでしょうね。


作品が連載されているウェブマガジン「あき地」での近藤さんのメッセージには
「既に一番長く続けている連載です。

 十巻まで並べるには、
あと二十年くらい描くんだな、
と計算してしまいました。

という頼もしいお言葉(=^.^=)
ぜひライフワークにしてもらってずっと読み続けたい作品です。
ニューヨークで考え中(2)

その他の感想

40LEDの明るさ!
実際に現地で惨状を見た人
ともかくパワー不足
大人が楽しめる昔話
争わすにはいられない人間の性
冬場になると指先がささくれだってくる手に対しての使用感
お金で幸せは買えないということ
SHARP EL-N732K 高い質感と見易い液晶が魅力です。
必見です!
大変助かってます
古今東西の要人を「診察」
ロールキャブに取り付け!
出来は良いと思うのですが
延命措置ではないが、サブキャラメインのストーリー
河合先生が珍しくよく語ってます
キレイな石(^o^)
嫁サンが絶賛
やりたいことがわからない人へ
碧厳録(下)について
二人目用のベビーカー
ほんわか暖かい
親近感が湧きます
名著だと思います!
エネルギー問題
これを買っておけば間違いない
みんなでワイワイ盛り上がり
優しく素晴らしい日本人に自信を持とう!
知識集が便利です
アニメはアレですが……
全身が写るミラーは最高!
戻る