不安もあるがクオリティはまだまだ高い
・オマケであったルームがメインとなり、
メインだったフリープレイがサブになってしまった(ゲームジャンルが変わってしまった)
・今回のメインであるクエストモードは強制であり、
これをある程度進めないとなにも開放されない
・完全同時押しによる200点ボーナスが無くなりリズムゲームとして劣化した
・ユーザーの意見を取り違えダブルフリップを消してしまった
・ライブPVしか無い上にステージとキャラクタを切り離してしまった為にPVが単調になった(VRを想定して作られている為)
・DP(ディーヴァポイント)を廃止しガチャシステムを採用するという迷走っぷり
・価格が高い

以上、
改悪点をつらつらと書き連ねてしまいました。

にもかかわらず星4としたのは、
楽曲のチョイスは良かった(好みの問題ですが)し、
リズムゲームとしてもまだまだおもしろいなと感じているから。


しかし、
今回の大きなギャルゲーへの傾倒っぷりを見ると強い不安を感じます。

そもそもX(F)シリーズは純粋にリズムゲームだけをしたい人間にとっては無駄の塊(ルームやエディットなど)のようなゲームだったのですが、
VRの登場によりさらにそれが加速する結果になってしまったのは非常に残念です。

FL(フューチャーライブ)という新たなラインもスタートした事だしVR関連は全部こっちでやってくれよ、
というのが本心です。


こういう流れを見ると、
セガはリズムゲームをFT(フューチャートーン)にまかせ、
こちらはギャルゲー方面に展開していこうと画策しているのでは?・・・などと勘ぐってしまいますね。


企業である以上利益は優先しなくてはならないし(この方針で利益が出ればの話だが)多くのユーザーがそれを望むのならば仕方がないのかもしれませんが。


ただ、
もともとアーケードであるFTの譜面は当然ゲームセンターでのプレイに特化して制作されているので、
コンシューマ機(PS4)で叩くには結構無理があります。

また、
使われているモデル(アケモデル、
FTモデルなどと呼ばれる)も人形感、
ポリゴン感が強くコンテンツ初心者は違和感を感じるかも、
と思います。
初音ミク -Project DIVA- X HD

その他の感想

受験教材だけではもったいない
デザインが気に入ったから…。
価格・デザイン・性能ともに満足です。
地方議員は何のためにいるのでしょうか
暖かく肌触りがいいです
ただの混ぜ棒じゃありません。
買い足しの手間いらず。
これ、むちゃくちゃいいです
使いやすいので色違いで持っています
次巻に続く
自給への心の転換に
不良品? 駄目だコリャ!
充電器が壊れたので
これはUltimate Editionではありませんでした。
暖房便座で付きで冬でも暖か
う〜ん…。
外観的にも機能的にも優秀
5歳の息子のために購入。
もう少し選曲が良いといいのですが
とても楽しいワークブックです
期待するとガッカリすると思います
それなりに改善はされています
首こり肩こりが解消
髪の毛がバサバサ
とっても気持ちいい
ステインがよく取れました。
これぞACCEPT
想像よりはチープじゃなかった!
わさび
地味なデザインは気に入っています
戻る