ちょっと面白味が…
これまでは人間対人間として描かれていた戦闘が、
最近では魔人対魔人ばっかりのものになり、
ややスケール感が大き過ぎるというか何というか…。

読んでいてどこか大味な描写に感じることが多くなりました。

それにドラゴンボールを意識して作られているだけに、
途中から導入された"強さの数値化"が悪い意味で働いているように感じます。

相手との相性次第で変化する…としておきながらも、
やはり数値として見てしまうと「ああ、
こっちの方が上だから強い(勝つ)んだな」と思ってしまいますし、
数値ありきでの戦闘描写な気がしてなりません。

22巻という巻数にして早くもダレてきたかなと…少し残念です。
七つの大罪(22) (週刊少年マガジンコミックス)

その他の感想

新食感
一度観てみたいと思って観てみました
強引な「捨てる」に抵抗を感じる人にお勧め
オーレリー目当てなので
ram4GBでも問題無し。
他のOlasonicのスピーカーを知らなければ
評価が分かれそうです
どの曲も秀逸!
15歳の愛犬に
なかなか好感触です。
効率がいいとは言えない
ベトベトしないです
ノイズ対策に
全語学で唯一続けられている教本です
英語に興味があるなら・・・
夏でも使えます。
軸から異音
おしゃれなエクササイズバンド
unk
ピッタリでした
災害対策用品として
あの時代への「手引き地図」
いつもの安定感だなぁ
ぐらつく
made in korea
悪くは無いが・・・
ファンならば持っておきたい
とてもお手軽の価格で購入できました。
やはり烏賀陽氏の本の方が良さそうです
使いやすかった♪
戻る