作業療法の世界での研究法とは?
リハビリテーションの中でも作業療法という専門職はリハビリテーション医学の源流を具現化した職種であると思います。
それ故作業療法が関わることで患者さんのADL、
QOL、
機能的変化がもたらされるということを科学的、
論理的に表現することの難しさに直面している方が多いと思います。
この本は作業療法にまつわる質的研究、
量的研究方法を事例を出して紹介し研究とは何か?研究をすすめていく上で必要な基礎知識が書かれています。
この本の主筆者である鎌倉矩子先生は作業療法における事例研究の必要性を訴えているのがわかります。
昨今ではEBMと騒がれEBOTの構築が課題ですが、
これから新人教育の場で発表する新人の方、
これから学会、
研究会に発表しようとするOT、
もう一度原点に帰りたくなったと感じたOTに必須の専門書であるとお思います。
是非ご覧下さい。
作業療法士のための研究法入門

その他の感想

2本入る理由がよくわかりましたw
オーディオと工作ファンにはたまらない特集
最低の太さが大き過ぎるため、腕が細いひとには不向き
俳優の顔と素の顔と…
しっかりホールド
特に時間のない方には良書
半年もしないうちにFAXが遅れない
使用感がいい!!
無料だったので試しに読んでみました。
TRiNiDAD/トリニダード ハードボード 15.5インチ
他社製とはサイズが違う
2980円で販売されている並行輸入品のようです。
レイトンファンにはたまらない
言う程欲について語ってくれなかった
気軽に設置できる、防水イルミネーションライト
ライブDVD最高 ! !
不自然さがありません
家でのポップコーン作りに購入しました
賞状保管用に購入
樹形が分かる、庭木をしっかりと選べる本
小さいながらも・・・
猫からガード
前版からかなり改良されてます
可能性を感じる商品です。
ほむたんにはまどかちゃんがいないと…
グッスマより良いと思う
改めて見る舞台裏
瘴気の謎は余りにも衝撃的
パッケージングで台無し
本書を読まずして 朝ドラを語るなかれ
戻る