優れた紀行文学として、気軽に読める
構造主義の文化人類学者の書いた本、
というとなんだか堅苦しく思いますが、
実際には「良く出来た紀行文学」としてけっこう気軽に楽しめます。

「私は旅と探検家がきらいだ。
それなのに、
いま私はこうして、
私の海外調査のことを語ろうとしている。
」…いきなり冒頭からこの調子なんですから、
これではハートをぐわしっと鷲掴みされてしまいますね。

そうして読むうちに構造主義について興味をもったなら、
たとえば橋爪大三郎著『はじめての構造主義』なんていうわかりやすい入門書もあります。

とにかくまずは気軽に手にとって、
レヴィ=ストロースの「語り」の世界の波間を漂ってみてください。
そしてそこから文化人類学や構造主義、
言語学なんかへの関心が芽生えたら、
こんどはそちらを辿ってみてください。

「知」は冒険である、
そんなことが実感できる優れた古典的名著のひとつです。
悲しき熱帯〈1〉 (中公クラシックス)

その他の感想

デザインが最高
ほぼ完全復活!!(EPSON PX-045A)
迷惑電話を完全遮断
制御温度は下は15度からできます。
ついに待った スバル WRX STI
思ったより色が・・
効果はあまりないが・・
よいきっかけとなりました
表面の色がきれい
うっふん
生地がしっかり!
「朝ドラ」にひかれた男
maimai用として買ってみました
ゴルフ上達の早道を読んで100きれそう
資料閲覧のための持ち歩きサブノート。壊れることを前提にした選定です。
御値段に惹かれて…
ぜひ、このままの雰囲気で
未完成品
財の価値
キッチンのインテリア
THE・金剛姉様!!
保護には十分
十分温かいです。
初期不良で一度返品をしましたが、無事使えるようになりました
組み替え
山歩きでいただく一服は想像以上に格別でした。
色々な使い方が出来て面白いです
可も無く不可も無く無難な製品です。
ラバーはかかと
ウオーキングにぴったし
戻る