瀬古選手が負けた夏
 村上春樹のエッセイ集。


 村上のエッセイというと 村上朝日堂シリーズが名高いわけで 本書はどちらかというと ニッチな部類に入るかと思う。
米国の雑誌を村上が好きに「切り抜いて」きてくれて 適当に解説をしてくれる本だ。
村上自身もリラックスして書いている様子が良く分かって 読んでいるこちらも 心が和む。
そう 村上のエッセイは 人を和ませる点では 第一級なのだ。


 巻末のロス五輪日記は更に楽しい。
瀬古利彦が負けた男子マラソンは 1985年の8月の事だった。
小生も大学生だった。
もう20年以上前なのか。


 村上のマラソン好きもこの辺りから始まっていることに今気がついた。
‘THE SCRAP’―懐かしの1980年代

その他の感想

送付されたカードのシリアルが無効でした。
絶対こぼれず便利!
手芸を始めたい親子に最適
補強すれば良くなりますが・・・
香りと保湿力のボディソープ
実用的でかわいい!
カラフルで妻も喜んでいます
かたい職場にいいかな?!
気に入っているのですが・・・
さすがグレゴリー
ソブリンリスクが高まりを見せつつあり、ヨーロッパ発の金融危機が足音を立てて迫りつつある今、著者のいうTBTF問題に立ち向かわなければ、世界中が長期にわたるりセッションに陥ってしまう可能性だけが高くなりつつあるように見える。
ノリノリ
想像とおりの品物
買って良かった
PCXメットインに収まりました(L)
独特の使用感。
Gijieらしさ
フルセグ良いです
広告効果の視覚化
なんとも言えないほっこり感
バカバカしいネタも多いのですが、大人の笑いが好きな人にお薦め
色落ちかげんは気になっていたのですが・・・
元気がでます。
とりあえず発売はうれしかった。
書込み速度が早い デザインもいい 静かで 気に入ってます
試験用の副教材として購入しました
商品自体は申し分はない
言葉をもう少し考えてくれたら・・
為になりました!
高音質・高信頼設計・日本製という安心
戻る