SAOが好きな層へ向けた良作劇場版
VRと類似しつつも在り方を異にするAR。
現実としてはまずARが先に浸透し(ポケモンGOの大ヒットも記憶に新しいです)、
ようやく最近になってVRもオタク以外のライト層も射程範囲になってきた・・・のでしょうか。
昔のSFを後追いし、
時には追い越してしまうあたり、
サイバーパンクファンとしては感慨深いような、
少し寂しいような。


今や皺のよったSF好きのオッサンたちよりも、
スマホの画面に魅入る若者たちの方が余程コンピューターを肉体の一部のように扱っています。

この作中でも、
ヘビーゲーマーの主人公より少女達――もっと俗な言い方をするなら「JK」――の方がARゲームに熱中してしまっている辺り、
奇妙なリアルさがありました。

・・・最早、
現実の技術をフィクションの方が取り入れる時代なんですね。

AIやディープラーニングの描写についてはまだまだハッタリが強い(なまじっか造語で無いぶん、
所々雑な印象を受けてしまいました。
が、
SAOの主軸はSF部分ではありませんので)ところもありますけれど、
同一ないしは類似した技術から本当にコンピューターが人格を宿す時代は遠くないのかもしれません。


閑話休題。


さて、
SAOは王道のシナリオを「キリト」というヒーロー像を中心にカッコよく描写する作品だと認識しているのですが、
今回も例に漏れない作品と相成っておりました。

颯爽と登場する主人公がその能力で、
悲劇的な状況にあるヒロインを救う。

大筋は極めてシンプルです。

もうどれくらいこういう作品に触れたか忘れるくらいに王道です。

ですが、
王道には王道の魅せ方がある。

劇場版の尺の中に、
飽きさせないようにテンポよくアクションシーンを配置し、
また一方でキャラクター達の葛藤も描く。

VRゲームでは頂点にあった主人公も、
ARでは初心者も同然。
そこからの急激な成長はありきたりではあれど、
やはりカタルシスがあります(いや、
それ無理だろ。
ってトコでも勝っちゃうのもSAO。
それが好きかどうかは好みによるところも多いでしょう)

ひとつ残念だったのは、
梶浦由記氏のサウンドが、
もう一つ物足りなかったこと。
劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- [Blu-ray]

その他の感想

待て待て。
お湯の量がカギ!
丁寧なお仕事!
息子のイタズラ対策
もっと読みたくなるエッセイ
「グーテンベルク」 を語ることの難しさ
miniーITX用の中でもスリムなケースに満足
MOSはやっぱりFOM出版!
鶏を焼くのに良いです。
AKB48総選挙の予想は私とは違うなぁ!!!
秋口かな?
音がうるさ過ぎて使い物にならない
KOKIAとストリングスの相乗効果が素晴らしい2曲のシングル盤
単なるカラバリですが、発色が良い!
試験対策にはgood!
yes!
食いつきも栄養バランスも最高です!
販売ページ画像との色調の違いはやや不満ですが、カバーとしての機能は良いです。
もう少し工夫が欲しい造り
美という言葉が相応しいフィギュア
小さいのにびっくり
いいらしい
食虫植物愛好家の苦労と開拓のエッセイ
思ったより大きかった・・
じんわり暖かい
GETしました
香りが良くて旨い
読むとドキッ!とします。当たっています!
神様ミクロ
いかなるユーザーに向けたリメイクなのか
戻る