絵本の魅力が伝わる本
臨床心理学者、
児童文学家、
ノンフィクション作家の3人が各自の視点で絵本の可能性について語った本。

三者三様の着目点、
想いが率直に表現されているため、
多角的で発見の多い内容だと思います。


また3名とも、
具体的な作品名を挙げた上で、
その魅力を語る場面が多く、

絵本選びで迷っている方には大変参考になるかと思います。

(写真も掲載されています)

中でも、
日本の絵本業界の中心的な役割を担い続けて来られた松居直さんのお話は、

絵本のどんな要素が、
子供にとってどんな意味を持つのかといった点が整然と語られており、

絵本の技術書を読んでいるかの様な素晴らしい内容でした。


一方で、
全体を通して、
講演+討論会の全文起こしといった体裁であるため、

口語や指示語が多く、
(序盤は特に)文書としては読みづらい印象が強かったです。
絵本の力

その他の感想

訳が酷くて萎える
数の勉強にもってこいです
“侃々諤々”から導かれた算数教育とその歴史
猫もよろこんでます
喜んでもらえる一品
バックパッカー時に使用
ビビンバ
容量はあくまで目安
ナンプレ数理パネル
来年も!!
鍵を家族で共用するために購入
HTC Jの方は要注意
フランス漫画展に出典拒否された作品が掲載されております
メタリック塗装が美しい
ミサンガも奥が深い!
View Areaにしてよかった。
ミントの刺激が無い
1カ月履いてのレビュー。
母にプレゼントでかいました
とても分かりやすい参考書でした。産業保健スタッフ
噴射圧力が強い
オススメー☆
最強です!
まず1回試しました。
いやあ。なかなか。面白い!
良問が勢ぞろい
腹減ってきた
女の全裸全身立位像の美しさを味わい尽くしたいあなたへ
どれか迷ってるならこれ。
失敗かも・・・
戻る