漠然とした寂寥感
帯にもなっている解説にある通り、
まさかまた出逢えるとは思っていなかった「円紫さんと私」シリーズ最新刊。

けれど、
読んでいてどうにも寂寥感というか、
置いて行かれたような気持になってきます。


作者の名著「スキップ」のように「私」が突然中学生の親になっている事。
テーマが日常の謎ではなくなっている事。

このシリーズの読者は、
「私」の成長を、
人生そのものを見守っていたと思います。
太宰の作品もロココという語も、
一般読者の日常からはかけ離れていると思います。
シリーズの前提が二点覆され、
私のように感じる方も多いのではないでしょうか。
太宰治の辞書 (創元推理文庫)

その他の感想

のぞえり好きのバイブル誕生!
夏用
着れる!
星5つ以上
心から鉄道写真
ウェイクアップ!
辛辛魚とは違う方面の辛さ!
サイズ、機能性、明るさ十分でGOODです!
低摩耗。それ以外は最低。
安かろう悪かろうの、典型的な商品でした。
自分で取り付け
少年時代
手芸をはじめ多種の使用に対応できます
ストラップ紐が弱い
ついで買いで大ヒット
新しくなった箇所の告知を。
カメラに統一感が出ます
Win7でスマホ繋がらず
ギタリストのワールドカップ。
ハマれば面白いけど……
D800には不適
マップ広くして
正攻法のWIN5攻略本
面白いけど難しい
デザインは良かったですが、・。・。
このご時世にアナログ盤を出してくれるのは、非常にありがたいです!
憲法をきちんと読もう。だって21世紀なんだから
素人の便器交換
本の内容や使い方について
業務で酷使するなら
戻る