願望と欲望の曖昧な境界線
2006年公開、
イギリスの心理サスペンス映画 。

監督は『アイリス』『アザーマン』のリチャード・エアー。

第79回アカデミー賞にて、
主演女優賞(ジュディ・デンチ)、

助演女優賞(ケイト・ブランシェット)を含む4部門に
ノミネートされている。


意中の相手(友人)の弱みを握ると、
何故か優位に立った
気分になる。


独占欲が強く、
若さと美貌に対する歪んだ劣等感を持ち、

孤独に人生の終焉を迎えようとしているオールドミスにしてみれば、

尚更のこと。


友情なり、
愛情なりを繋ぎ止めておくためには、
有利だと
ほくそ笑み、
自然と態度も利己的で横柄になっていく。


その愚劣な優越感が、
相手に多大なプレッシャーと拒絶感を
芽生えさせ、
今まで確かに2人の間に存在していたものが、

音を立てて崩れさるとも知らず……。


教師と教え子の禁断の不倫関係……という米国で実在した
スキャンダラスな事件をモチーフにしている本作だが、

弱み(秘密)の衝撃度以外は、
とりたてて特異な人間模様が
繰り広げられる訳ではない。

ローレンス・オリヴィエ賞受賞の舞台演出家としても知られる
リチャード・エアー監督が奏でるリリカルな愛憎劇は、
日常に潜む
人間の欲望、
嫉妬、
そして求愛の在り方を、
容姿、
思考ともに
相反する2人の女性目線から鋭く抉り出す。


オスカー女優の豪華競演は、
史劇で魅せる厳然とした凛々しさとは
裏腹に、
終始、
陰湿で衝動的。

一人は情欲に溺れ、
一人は支配欲に取り憑かれる。

互いに、
修復不能な “心の闇” を抱えながらも抗えず、
“欲” という
毒牙に翻弄され続けるスリリングな展開は、
観る者の好奇心を
掴んで放さない。


ここらでしばし、
見事なまでに2人の関係性を象徴している、

ジャケット写真に注目して頂きたい。

鏡に向かって笑みを浮かべ、
イヤリングを直す美貌の新任女教師。
あるスキャンダルの覚え書き [Blu-ray]

その他の感想

ちゃっかり改良がほどこされている
靴磨きを楽しめる人や、靴が好きな人におすすめします。
The belief in human inequality!
軽量コンパクト沸騰早し
これからの体育
文庫で手軽に、という意義は大きい
モバイルバッテリーの容量チェックにも使うことができます
ロングがあった
人工知能の辞書
2倍でもかなり大きく見えます
道具は使い方次第です!
エロさは相変わらず(笑)
作品がリンクしているので、これを読む前に前作を読んだほうがより楽しめます。
名声に恥じぬ出来映え
東映、、やっぱ値段が高い&情報不足。
MR.PC(ミスターピーシー)2015年01月号
女性が見れる作品
兒玉遥の表紙verが欲しかったので購入しました。
入門なのにかなり複雑
京大受験者におすすめ
残念すぎる劣化版
☆は0ですでも0に出来ない用なので仕方なく☆1つ
通気性バツグン
やりたい放題である(笑)
綺麗な梱包ありがとうございました
音が静か。省スペース。
いえろう
アニメ版カスペ?
いろいろ悩みましたが、これに決めてよかった気がします^^
ふわっとついてふわっと消えます。
戻る